木曜日, 12月 25, 2008

デザートは、夢の続きを考えて

クリスマスイブは、楽しみましたか?!

すてきな、家族に囲まれて、一夜の夢の世界。
サンタは、きっと、君の前にいる。
みんなで、サンタの心を、分かち合い、
幸せを、世界に広げるのさ。
私達には、夢を繋いで行く責任があるからね。


そして、私は、前半のお料理で、
お腹がいっぱいになってたのに、
最後のスイーツは口当たりが良い生クリームが優しく、
お口の中を包んでくれた。


Did it enjoy the Christmas Eve?!

It is enclosed by a wonderful family, and a dream
at night world.
Santa is in front of you surely.
The mind of Santa in everyone is expanded and
the share it is ..the combination.., and happiness
are expanded to the world.
We have the responsibility of tying the dream.


And, the last Sets was gentle whipped cream with
a good mouth hit, and encompassed in the mouth though
was a dish I in the first half, and became full the stomach.




このティーはダーリンが選んだラベンダー
色に惚れたんでしょう!


This tea might have fallen in love with the lavender color
that the darling had chosen.





いいえ、それは、スターダストさんに敬意を評して、
ラベンダーティをお願いしたんだよ。


No, it criticized the respect to Stardust,
and asked for Lavender tea.





スケルトンなエレべーターと
南国のリゾート地の様な雰囲気のライトアップ。


With a transparent elevator and
Light of resort in the south.





座りごこちの良いソファーで、
来年の抱負でも考えている所です。

みなさんの家族に、幸せが来る事を祈りながら、
ベートーベンの交響曲第9番を、koussevitzkyの
ボストンシンフォニックオーケストラで聴いて、
年を越そうかしら。

今年も、みなさんの、たくさんの励ましや、
貴重なアドバイスは、とっても、嬉しかった。
そして、みんなのblogを訪問して、楽しい時間を、
いろんな場所を訪問出来た事を、私は、幸せに思います。

わたしは、多くのblogの友人を持てた事に、
感謝しながら、今年を締めくくります。

ありがとう、みなさん。
そして、来年のみなさんの、幸せを祈りながら...


In the sofa where sitting is good, next year's ambition is
a thought place.

Does Beethoven's symphony listen the ninth
in a Boston symphonic orchestra of koussevitzky,
exceed the age as the thing of which
happiness comes praying to the family of everybody or ..

A lot of encouragements of everybody and valuable advice
were very glad this year.
And, I think the thing that various places were able to
be visited to be happy at time happy to visit everyone's blog.

I finish off this year while having being our to express our
gratitude for the thing with the friend of a lot of blog be able.

Thank you everybody.
And, while praying for happiness ..not doing next year alone...


From loved ume tyan

(^_^)/~ As for the dessert,
      it thinks about the continuation of the dream.

木曜日, 12月 18, 2008

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの、素晴らしき歓迎

さあ、私達夫婦の結婚記念日の始まり
今年で、丸6年目になりました。

ダーリンが、山で遭難して、一晩、行方不明になって、
警察に捜索してもらったこと、
台風で、家や車庫のシャッターが、壊れた事、
前車のワゴンRが、古くなって、走行中に、
エンジンが止まったのが怖くって、
スバルのR2に乗り換えた事。
ううん、ろくな、思い出がないな。

だけど、いろんな事があった、6年だったわ。
インパクトがあるのは、悪い事ばかり、
これは、世の常なのかしら?!
もちろん、いい事も、たくさんあったよ。

愛車のスバルR2は、可愛く、
モカブラウンがよく似合う、
マッキントッシュのimacは、いつ見ても新鮮で、
ペンタックスのK100D SUPERは、
君が美しいと思ってくれる。

私は、彼らに、命を与え、
みなさんと出会えた事も、この中に含まれるね。


Now it became year sixth whole this year we of
married couples of the start of the marriage anniversary.

It is scared that the darling meets an accident in the mountain,
it becomes missing at night, it searched to the police,
and wagon R in the thing and the preceding vehicle where
the shutter of the house and the garage breaks because of
the typhoon becomes old, and the engine stalled while running,
and a thing transferred to R2 of Subaru.

No, satisfactory memories must exist.

However, it was six with various things years.
Is this eternal there is an impact of the world only
a bad thing or do?!
Of course, there were a lot of good things, too.

Mocha Brown lovelily suits Subaru R2 of the own car well.
Imac of Macintosh is fresh even if it sees when.
I think that you are beautiful of K100D SUPER of Pentax.

I give them the life.
The thing that it was possible to meet everybody is included in this.





それでは、前菜のサラダです。
私達のテーブルの横で、サラダと、ハムを、
取り分けてくれました。

酸味のあるドレッシングで、目の冴えるお味でした。


Then, it is a salad of the appetizer.
The salad and the ham were taken and divided
on the side of our table.


It was a taste that eyes are bright by acid dressing.






切り分ける前のこの物体は、
まるで、スイートポテトのようでしょ。


This object before it divides
.. of like way of sweet potato





ナイフも踊りながら、料理をお出迎え。

本日のメインディッシュは、スイートポテトなんかではなく、
パイに包まれたお肉、柔らかくジューシィー。

見た瞬間えっ?
ふしぎな物体だと驚きました。


The knife also meets the dish while dancing.

Today's main dish is meat encompassed by not the sweet
potato but the pie, and is soft and is Jushe.

Getting at seen moment?
When it was a mysterious object, I was surprised.





付け合わせのチンゲンサイが、
何ともいい役目をこなしてるね。

彩りが美しい。


The qing-geng-cai of the garnish digests an indescribably
good role.

Coloring is beautiful.





パイ包みを美味しそうに
引き立てているのがこのソース
バルサミコそんな感じだった

毎年この時期になるとお互いの、
感謝の気持ちを込めてディナーへ行きます。
でもプレゼントはないんですよ!
あったら★★★星三つあげちゃうのにな (^o^)v


The pie wrapping delicious
Favoring was such feeling of this Sorsbalsamico.

Each other when becoming this time of every year.
It goes to dinner to show one's appreciation.
However, there is no present.
They are three in the star in case of being.

From loved ume tyan

  (〃 ̄∇)」 Wonderful welcome of Kobe Oriental hotel

木曜日, 12月 11, 2008

IKEAから、神戸を込めて




みなさんありがとうございます。
大変、忙しい年末のひととき、
私の、blogを訪問してくれて。

それは、結婚記念日に、神戸に行った時の事です。

神戸にも、IKEAがあるのです。
組み立て家具が、フロアに、たくさんあって、
自分の家に似合う物を選ぶのに悩みますね。
メモか写真に撮っておくと、分かりやすい。

もちろん、色とサイズに、値段が、選択ポイントだわ。


Thank you for everybody.
Very, my blog is visited at busy time of the end
of the year.

When going to Kobe, it is a thing on the marriage
anniversary.

Also in Kobe, there is IKEA.
It worries to choose the thing that is on the floor
a lot of assembly
furniture, and suits my house.
It is comprehensible when taking in the photograph.
the memo

Of course, the price is a selection point in the color
and the size.





ここでは、スウェーデン料理を楽しみました。
シンプルで、素材の良さを、活かした料理。

もちろん、このあと、スウェーデン料理のレシピ集と、
ちょっとした買い物をして、IKEAを去ったのでした。


Here, it enjoyed oneself over the Sweden dish.
Dish that simply made the best use of goodness of material.

Of course, because a recipe collection and a little shopping
of the Sweden dish were done after this,
and IKEA had been left, it did.





神戸の街は、歴史と、未来を感じさせてくれる。
歴史のある建物を、再利用して、新しいショップで、
私達を招いています。
その歴史は新しく、古い。

建物は、私達の事を覚えていきます。
いつまでも、私達を見守ってね。


The town in Kobe feels the history and the future.
The building with the history is recycled,
and we are invited in a new shop.
The history is new, and old.

The building remembers our thing.
We are watched indefinitely.





クリスマスのイルミネーションは、居留地を照らし、
ロマンチックなムードを盛り上げて来る。

暖かい、ぬくもりを心の中に、とどめたまえ。

そんな、気分を感じながら、私を、すばらしい記念日へと、
誘いながら。


The illumination at Christmas shines on the residence ground,
and piles up a romantic mood.

Before having stopped warmth in the mind of it warm.

While inviting me to a wonderful anniversary
while feeling feelings ..
so...





結婚記念日のディナーは、今まさに、幕を開けた。
幸せな時間を、気付くことは、築くこと。
自分だけじゃないんだよ。
相手の事も考えよう。

また、この続きは、のんびりと、幸せを感じながら。


Dinner on the marriage anniversary exactly raised
the act now.
Build the awareness of happy time.
It is not only myself.
Let's think about other party's thing.

Moreover, while peacefully feeling happiness as
for this continuation.


From loved ume tyan

            (^o^) Kobe is put from IKEA.

土曜日, 12月 06, 2008

行き馴れた道を、歩けば

この間、植え付けたばかりのコスモスは、
いつの間にか、こんなに大きく成長しました!!
って、時期は、冬を感じているのですが。


The cosmos only of the digit with planting has grown up
before one is aware so greatly the other day.
Though winter is felt at and time.





いつも散歩とか、サイクルで
良く通る道なんですよ
季節ごとに花を植え替えて
四季を楽しむ事が出来る近くの癒しスポット
本当に良く育っている


Always at the cycle of the stroll
It is a road that passes well.
The flower is planted and substituted at each season.
It grows up well in a nearby healing true spot where
it can enjoy the four seasons.





左の建物はかもめをイメージしています
上の白い部分が『かもめ』ですよ
わかるでしょうか?


In a left building, is a white part to image the sea gull
'Sea gull' and?





椅子に座って一休み
休みになるとこの場所は
学生や市民の憩の場となっている
私もその一人で
魚(あじ)も意外と泳いでいるので
釣り人も多いですね
今晩の夕食になんてっ考えている人もいるかも。。。


It takes a rest sitting on a chair.
This place : when becoming a rest.
I who is student and citizens' ..rest.. places also : alone ..that...

There are a lot of those who fish because the fish (Pompano)
also is swimming unexpectedly, too.
How is there person who thinks in supper tonight, too?





週末を迎えて、私は、のんびりと、過ごせればいいのだけれど。
きっと忙しいのだろう。

今年は、何を私はしたのか考えながら、
振り返ってみました。

今年も、天気が不順で、自然の大切さを知る事が出来ました。
不思議な事だけど、何もなければ、気付かない。
私達は、自然の一部なんだね。

経済は、高騰と没落を繰り広げ、コントロールの難しさを、
見せました。

過去の歴史の教訓を忘れては、だめだね。

クリスマスまでもう少し、ラバーズコンチェルトでも聴きながら、
わたしは、時間を止めたいわ。


I on the weekend though I only have to be able to spend peacefully.

It might surely be busy.

It turned around while thinking what I did this year.

The weather was changeable, and it was able to know
the importance of nature this year.
It doesn't notice in a mysterious thing if there is nothing, too.
We are parts of nature.

Economy developed the sudden rise and the fall, and showed the
difficulty of the control.

When the lesson of a past history is forgotten, it is useless.

I want to stop time to Lover's Conceto a little more until Christmas
while listening.


From loved ume tyan


♪〜( ̄。 ̄)  If it goes and it walks on the road
           to which it becomes accustomed

土曜日, 11月 29, 2008

千山には、歴史と文化が隠れている




12月まで、もう少し。
年賀状や、クリスマスカードを書こうとするのだけれども、
結婚記念日や、家具の組み立ての為、
何も出来ていないのが、事実です。
おまけに、知ってはいると思いますが、
blogを書くことや、訪問も出来ていないんだ。

申し訳ございません。≦(._.)≧

少し前だけど、山に行って来たんだけれど、
そのことについて、書いていこうかな。

山は、秋を感じさせてくれる。
そんな、期待を持って、私は、千山へ、導かれました。
10円玉が、木に刺さり、私は、それが、気に障り。
縁起を担いで、いるのかしら?!


A little more until December.
It is true not to be made of anything because
of the assembly of the marriage anniversary and
furniture though it tries to write the New Year's card
and the Christmas card.
Additionally, blog cannot be written, and it visit though
it is thought that it is when knowing.

I am sorry. ≦(._.)≧

Let's write that though it went to the mountain a little ahead.

The mountain feels autumn.
I was led to Senzan(1000 mountains) with the expectation so.
Ten yen gem sticks in the tree, and I hinder the nature it.
Are you for good luck?!





空は、雨の後の光を感じて、地上に降りた雲のかけらを、
探し回って、山々を照らしてくれる。


The sky looks for the fragment of the cloud gotten off on
the ground feeling the light after rain, turns, and shines
on mountains.





山の上には、塔が建っています。
ここでは、遠い昔を感じる事が、出来ました。
歴史は古く、夢の如く、過ぎ去る日々を止める。
昔の人は、良くここまで、建物を造ったね!
関心は、隅々へと至る。


The tower has been built on the mountain.
Here, I was able to feel far old times.
The history stops every day when it passes away
old like the dream.
Men of old times built a structure here well.
The concern arrives at every corner.





龍は、心を清めてくれますね。
もちろん、水の神様ですもの。


The dragon purges one's heart.
Of course, the god of water is the one to have.





1つは、私のため、もうひとつは、みなさんの幸福と、
世界の平和を祈って、お祈りしました。


One prayed for peace of everybody in happiness and
the world by another one for me because it prayed.


From loved ume tyan

  (-_-)y- The history and the culture are hidden in Senzan.

土曜日, 11月 22, 2008

たまねぎに未来を感じて




ume tyanとの、散歩は、暖かい日差しに限るね。
今日は、雹が昼間に降ってきました。

大粒の雹は、音を立て、屋根を駆け下りて、
冷たい水たまりをたくさん作ってたよ。

おお、寒い。


The stroll with ume tyan is limited to warm sunlight.
Hail has fallen in daytime today.

The large hailstone made noise, ran in the roof,
descended, and made a lot of cold puddles.

Oh it is cold.





どんぐりを、食べるのかしら?
それとも、持って帰るの?
その為に、ume tyanは、私を、ここに連れて来たのかな!


Does it retreat and does it eat?
Or, it takes it home.
Therefore, did ume tyan bring me here?





まあ、私が食べたいのは、ume tyanの後ろにある、
蜜柑だったりする訳よ。


Oh dear, my wanting to eat is a reason that is behind
ume tyan that is the mandarin orange.





もう少しの、散歩の時間。
屋根の下に、玉ねぎを、発見したわ。
なんだか、いい予感。
ちょっと見た感じは、おばけに見えるけどね。


Time of a little more stroll.
The onion was discovered under the roof.
Good presentiment somehow.
The feeling seen for a moment is seen taking the shape.





ある晴れた日、
君は、何をしていたんだと、私に尋ねる。

私は、きっと、こう答えるだろう。

寒い日もあるさ、
毎日が、温暖で過ごしやすい訳じゃないよ。
だけど、こんな日もなけりゃ、無いで
新しい日が来ないんだよ。

新しい明日は、夢と希望を携えて、
朝日とともに、私達の前にやって来る。
独りで見る、明日より、みんなで見る、
明日は、さらにすばらしく。

そうして、ume tyanの7歳の秋は、
冬に変わろうとしているのでした。


A certain day when it cleared up
You ask me that what was done.

I will surely answer so.

There is a cold day, too.
Every day is not clemently spent easily.
However, it is not ..such day.. and the day doesn't come new.

It has the dream and hope, and it will come in front of
us with the morning sun new tomorrow.
It sees in one person, will see from tomorrow in everyone,
and be more wonderful tomorrow.

And, because the autumn of ume tyan of seven years
old started changing in winter, it did.


From loved ume tyan

        (^O^)w I feel the future in the onion.

月曜日, 11月 17, 2008

秋の散歩は、ume tyanにお任せさ




秋といえば、紅葉なんだけども、残念ながら、
季節感を、まだ、私は、味わってないな。

そんな、今日の散歩は、ume tyanにおまかせ。
私は、ただ、あなたの後ろを付いていく。


I must taste the sense of the season still to our regret though
it is an autumn tint as for autumn.

Such today's stroll is left to ume tyan.
I take side in your back.





池の横の細い道を、通り抜け。
どこに行くのかしら!?


Pass the narrow road on the side of the pond.
Where do you go??





鶏頭の花を、私に見せたかったんだわ。
それから、何をするのかしら?


I wanted to show me the flower of the cockscomb.
After that, what do you do?





細い道は、続いていく。
舗装も程々に、草が生えるものなのね。


The narrow road continues.
The one that grass grows in moderation as for pavement.





畑の真ん中で、ひとやすみ。
歩いた後には、休息も必要だね。

ume tyanは、何を見ているのかな。


Ume tyan recess at the center of the field.
It is necessary to take a rest after it walks.

What does ume tyan see?





私も、見てみる。

そして、青い空を眺めて、何を思う!
自然の幸せを、感じながら、今日も生きている。
赤い絆を、共に持ち、あなたとともに、姿は変われど、
場所は違えど、同じ時間を過ごしている。


I also see.

And, what is thought because the blue sky is looked at.
It is alive as the happiness of nature is felt today.
Red bonds are spent, and it has both, and the same time
is spent the place different the change of the appearance
with you.


From loved ume tyan

        (^_-)☆ The autumn walk to ume tyan.

火曜日, 11月 11, 2008

もちろん、チーズケーキは、私がもらうわね




マドレーヌにとろけるチーズをのせたようですが、
これがチーズケーキです。
お口に入れると納得の一品。
ここのお店に、行ったのは3回目


This is a cheesecake though it seems to have put the cheese
that melts to the madeleine.
It is an article of consent when putting it in the mouth.
It is the third to go to a shop here.





風景に酔いしれながらポートタワーと、
ホテルオークラの建物。
夜が更けると共に、物思いにふける。


Intoxication to scenery, Port Tower, and with be known
building of Hotel Okura.
It indulges to pensiveness with the advance of night.





今月は、めでたく結婚6年目に入り、
嬉しいようで悲しいような?
そんな気持ち. . . .
毎年恒例の記念日のディナー、
今回はメリケンパークオリエンタルホテルで、
お願いしましたよ。


Sad glad ?
this month. catch one's eye happily for ..marriage.. six years
Such feelings.  . . .
Customary dinner on anniversary every year
It asked at a Kobe Meriken Park Oriental Hotel this time.


From loved ume tyan

         (゜゜) Of course, I get the cheesecake.

木曜日, 11月 06, 2008

神戸のおいしい時間

私は、良く神戸にお出かけをするんですが、
その楽しみの一つがお昼のランチです。
以前テレビ番組の、ちちんぷいぷいで紹介された
レストランに行って来ましたよ。


One of the enjoyments is lunch in daytime though
I go out to Kobe well.
It had gone to the restaurant that had been
introduced with of the television program before.






コックさん達が、オーダーしたメニューを、
せっせと調理を、始めています。

『待つ間、少し独り事』言わせてさせていただきます。
お家でダーリンの為に、お料理作る時は、
なんせ、色合いにこだわります、と言うのは、
明日への活力とか、疲れた体をいたわるのに、
ビタミンカラーは必要不可欠だと思うからです。


Mr. cock begin to cook the order menu assiduously.
'One person thing while it waits a little' I will make
it say and do.

It is because of the desire that the vitamin color is
necessary and indispensable so that saying that
it will stick to , color may treat energies to tomorrow
or a tired body kindly when the dish is made at
home for the darling.





最初に出て来たのは、サラダに入っているタコと、
それと素揚げしたえびの、合わせ具合が絶妙のこと。


In the first going out, it matches and the condition is
exquisiteness with the lobster that exists in the salad
that deep-fried it and the source with the octopus.





デミグラスのソースが、お口にじわっとしみる
ハンバーグは、これまた、あつあつでふっくらとしていました。
この入れ物で直接、焼いたんだと思います
これがお目当でここでのランチを決めたんですけどね。


The Demi glass source does steadily to the mouth and it sees.
The hamburg steak was puffily made with this and.
Therefore ..the desire.., lunch was decided when having burnt
directly in this container.





衣、食と収穫のある時、ない時とがありますが、
本日は有りの日でしょうか!?
そんな、ゆったりな二人の時間でした。


Is it a day it is today though there is time that not is when
there are clothes, food, and a harvest?
It was such comfortably ..becoming it.. time of 2 person.






            (^〜^) Delicious time of Kobe

土曜日, 11月 01, 2008

街には色が落ちている




寒暖の差が、激しくって、風邪を引きそうな、この気候、
みなさん、如何がおすごしですか?
私は、元気に、秋を楽しんでいるわ。

神戸の街、ここは、センスを問われる街、
私は、この街に夢中よ。
カラフルな色彩は、私の足と心を釘付けに。


The difference of the temperature is intense,
and how is it this climate, everybody who seems
to catch a cold, and?
I am energetically enjoying autumn.

The town and I asked the sense are craziness
the town and here in Kobe to this town.
A colorful color nails down my foot and mind.





そう、ここは、素敵な花屋さん。

Here is wonderful flower shop so.





甘い色の、唐辛子が、私を呼んでいる、
私を、家に連れ帰って。

辛さを、私は知っている。


Taking me to house and return where sweet color
red pepper calls me.

I know painful.





それにも、負けずに、私は、花を見続ける。
私は、花が好きなんだ。
私は、花に、愚痴を言うけれど、
花は、やさしく、私を見守ってくれる。
ああ、君と、一緒の世界に生まれて良かった。


I keep seeing the flower without being defeated even at it.
I like flowers.
The flower easily watches me though I say the grumble
to the flower.
Ah you may be born in the same world with you.





街には、ウサギも落ちているのさ。

もちろん、かぐや姫には、デートを申し込んだよ。
返事は、まだ先だけどね。


From loved ume tyan

      φ(.. ) The color has been faded in the town.

火曜日, 10月 28, 2008

溜まりに溜まったアレンジメント

おひさしぶりのフラワーアレンジメントのお写真です。

It is a photograph of a flower arrangement after a long time.





早い物ですね、アレンジメントを初めて3年になりました
毎週1回、お教室に通っていて季節のお花と、
触れ合っていると、なんだか一年が早いように感じられます。
歳をとっているからでしょうか?


One year somehow is felt early by me when touching
the flower of ..going.. season once every week become
it per first time in the classroom an early thing it.
Is it because of aged?





長い間、怠けて投稿せずにいましたが、
今回、まとめてドド〜ンとお見せします。


We will show it collectively at this time though it is lazy
and doesn't contribute for a long time.





上のアレンジメントは正面向きのブーケですが
なぜか上向きになっています
とにかく私にとっては苦手な作品の一つです。


It is upward though the arrangement above is a bouquet for
in front of why.
Anyway, it is one of a not good works for me.





10月31日はハロウィンの日
それに、因んだアレンジメントです
アメリカでは仮装した子供達が
『ごちそうしないとイタズラするぞ!』
といいながらお菓子をねだって近所を回る習慣があります。
鳥の羽根は悪魔を寄せ付けなくするそうですよ。


Children who disguise it in the United States
that ..arrangement.. has it : ..this on the day of Halloween
on October 31... 'Thing bad if not treating'
It seems to plead for the cake though it is good and there
to be a custom of turning round the vicinity.
Bird's shuttlecock seems to do the satan without allowing
to come near.





飾りかぼちゃが、おいしそうですね
残念ながら食べれないんです
くり抜いてお面(ランタン)でも作ってみようかな
かぼちゃではないんですが、紙風船で作って見ました。


To our regret, the decoration pumpkin cannot eat
..savory.. sleep.
Let's turn over and make the lantern.
It saw making it from the paper balloon though it was not
a pumpkin.





From loved ume tyan

    (・〜・) Arrangements collected in collecting