木曜日, 1月 31, 2008

明石海峡大橋で見たものは、それは、やっぱり




1月も早いものだね。
今日が最終日。
月日が流れるのは、当たり前だけど、短く感じました。

私は、ゆっくりと、blogを書いているのだ。
そのかわり、みんなのblogを焦らずに、
見る事が出来る、これは、幸せだね。

私は、温泉から、明石海峡大橋に向けて出発。
そこに待ち受けていたのは、花でした。


It is early also in January.
It is the final day today.
I naturally felt time short flow.

And, I am slowly writing blog.
Instead, this that can be seen without rushing everyone's blog is
happy.

I leave the hot spring for Akashi Kaikyo Bridge.
It was a flower that waited there.





明石へと続く、橋のたもとは、力強く、感じたわ。
軟弱だったら、怖いものね。

It leads to Akashi, and the sleeve of the bridge : ..feeling as powerful...
The one scary when it is weak.





そして、潜水艦が飾ってあったわ。
色は、もちろん、イエローで、決まりです。
橋を造る時に、海の中を調べて、
橋の橋脚の部分を調べていたんですって。


And, ..the decoration of the submarine...
The color is yellow, and regulations.
It searches in the sea when the bridge is built.
It searched for the part in the pier in the bridge and it prints.





やっぱり、私には、これが、似合う。
たこ焼きコロッケは、おいしかったわ。


After all, this suits me.
...Octopus grilling croquette delicious...






From loved ume tyan

  ♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ After all, it : what seen in Akashi Kaikyo Bridge.

月曜日, 1月 28, 2008

温泉に行きたい気分を感じる




今日は、雪まじりの雨が降っていて、とっても、寒いわ。
降るなら雪になって欲しいわ。

そして、日帰り温泉に行って来ました。
ここからの、景色は、海を前にして、
対岸は、播磨の景色がきれいに、見えます。


The snow mixing is raining, and it today ..very cold it...
If it falls ..the hope of you snowing...

It went to the hot spring of the day trip.
The opposite bank looks beautiful making of scenery from here the sea
previous scenery in Harima.





モカブラウンの輝きは、衰えず。
そして、あまり他の人が、同じ色の車に乗っていないのがいいわ。
スペシャル感が、あるものね。

だけど、セレクションが、再販されたんだ。
いい色だから、仕方が無いけれどね。
ちょっと...。


Mocha Brown's shine doesn't become weak.
Other people and too much : ..good for the same color car not getting
on...
A special feeling is a certain one.

However, the selection was resold.
Because it is a good color, it ..method.. arranges it ..no...
For a moment.....





レストランの前には、漁港が広がっています。

The fishing port has extended in front of the restaurant.





テンプラそばは、もちろんの美味しさです。
お気に入りの、日帰り温泉。
食事と、お風呂のセットだよ。
お風呂も広くって、いい気持ち。


It is Tempra noodle of course delicious.
Favorite hot spring of day trip.
It is a set of meal and the bath.
Feelings that bath is wide, and good.


From loved ume tyan

    ----(*^ 0 ^A---  There is a day of feelings of the hot spring, too.

木曜日, 1月 24, 2008

ume tyanとレンズも歴史も勉強しよう




寒い日が続いていますね。
風邪をひかないようにしないといけませんね。
外出もおっくうになるわ。

さて、これは、なんでしょうか?


答えは、プリンです。
どうして、こうなったのか。
シャッタースピードが、遅過ぎたのです。
その為に光が多く、CCDに到達して、写真が白くなったのです。
ミスも、勉強だね。

ミスをしないと、解らなかったわよ、
写真が、光の芸術と呼ばれる事を。


A cold day continues.
It is necessary not to catch a cold.
...becoming also of going out the bother...

What is this?


The answer is a pudding.
Did it become it so why?
The shutter speed was too slow.
Therefore, there was a lot of light, it reached CCD, and the
photograph whitened.
The mistake is study.

It has not understood if not making a mistake.
The thing that is called the photograph the art of light.





そして、神戸の写真は、新しいレンズを使って撮影しました。
このレンズは、マニュアルでしか、使えないのです。
写真の基礎を、知るのに、ちょうどいいわ。


And, the photograph in Kobe was taken with a new lens.
This lens can be used only with the manual.
...just good though it knows the base of the photograph...





これが、レンズです。
Carl Zeiss Jena Tessar 2.8/50
このレンズは、ドイツのイエナで作られ、
中のレンズが、4枚使われているので、TESSARと言います。
そして、シャープに撮影出来るので、「鷹の目」と呼ばれています。
製造は、1963年から1967年です。
40年前のレンズなのに、綺麗に写真が、撮れるね。

調べていたら、ドイツのイエナはガラスの産地、
行ってみたくなりました。
多分、工場見学ツアーみたいになるんだろうな。


This is a lens.
Carl Zeiss Jena Tessar 2.8/50
This lens is made in Jena in Germany.
Because four inside lenses are used, it is called TESSAR.
And, because it is possible to take a picture to Sharp, it is called,
"Hawk's eyes".
Manufacturing is 1967 from 1963.
The photograph can be beautifully taken though it is a lens 40 years
ago.

Jena in Germany is a home of the glass when examining it.
It has come to want to go.
Perhaps, it becomes a tour of the visit at the factory.





このレンズを使うときは、アダプターを使ってカメラに付けます。

When this lens is used, it puts it on the camera with an adaptor.





もちろん、ume tyanの、写真が必要ですね。
ゆっくりしてね、ume tyan。
急いで写真を撮る事が、難しいから。


Of course, the photograph of ume tyan is necessary.
Slowly, it sleeps, and ume tyan.
Because it is difficult to take the photograph in a hurry.





そう、いい表情だね。
いい子にしてたから、食事をあげるね。

It is a good expression so.
Meal is given because it made it to a good dog.






From loved ume tyan

      (?+_+) Let's study ume tyan, the lens, and the history.

月曜日, 1月 21, 2008

神戸の夕暮れ時は、お腹がすいたよ。




寒かったけど、夕べは、私の家には雪は降らなかったわ。
だけど、近くの山の上には、雪が積もっていました。
残念だったわ。
降ったら降ったで、大変だけどね。


さあ、和田岬から、私は、家に帰らなきゃならないね。
もっと、ゆっくりしたいけれど。
電車の本数が、少ないから。


In the evening though it is cold ..not snowing in my house...
However, the snow has piled on the nearby mountain.
...regrettably...
It fell, and it holds very much when falling.


Now I should come to a house from Wada-misaki.
Slowly and want more.
Because the number of the train is a little.





この駅は、JRの始発駅だよ。
短い路線の電車に乗りたくって来たんだもの。


This station is a starting station of JR.
I wanted to take the train in a short route.





駅からの景色、覚えておきたいね。

I want ..scenery.. to remember the station.





そして、電車がやってきました。
私は、もう一度、時間がある時に、ゆっくりと来てみたいと思ったわ。


And, the train came.
...wanting come slowly when there is time.. again ..me...





たった、3分、1駅だけの電車でした。
日が落ちるのは、早く、
ロマンチックな、神戸の1日は過ぎていくのでした。


It was a train only of one station for only three minutes.
The sun's dropping : early.
Because a day of romantic Kobe passed, it did.


From loved ume tyan

      (*^o^) The time of Kobe in the evening is hungry.

金曜日, 1月 18, 2008

なぜかしら和田岬で雑誌撮影になっちゃった




淡路島では、底冷えしています。
気温は、2度ですけど。
こたつから、離れるの嫌だ。
そんなこと言える幸せを、味わいながら。

元町から、地下鉄に乗って和田岬に行きました。
私が、初めて行く場所です。
この場所は、兵庫津の歴史を感じさせてくれます。
淡路島の英雄、高田屋嘉兵衛のゆかりの場所、
北前船の歴史を感じに、やってきました。


In Awajishima, it is chilly.
The temperature : in two degrees.
Parting from the kotatsu is unpleasant.
While tasting such a thing remark happy.

t went from Motomachi to Wada-misaki taking the underground.
I am a place to which it goes for the first time.
This place feels the history of Hyogo Tsu.
It had come to feeling before the north the place of the hero of
Awajishima and the connection of Takataya Kahei the history of
the ship.





ここでも、神社を発見しました。
私達を、待っていたかの様な、感じがしたよ。


The Shinto shrine was discovered here.
I thought whether it waited for us.





そうして、私は、参拝しました。

And, I visited a shrine.





ちょっと、公園があったので、足休め。
フードを立てて、ハイポーズ。
気分は、既に、雑誌のモデルだわ。

ということで、すずちゃんのサイトで知った、MAGMYPICを、
さっそく、使ってみました。


It rests it the foot because there was a park for a moment.
Food is put up, and a high pose.
...feelings.. already ..the model of the magazine it...

Thus, MAGMYPIC knew on the site of was immediately used.


まさに、コート特集だね。

Exactly, it is a court feature.





この後は、ゆったりと、公園を散策しながら、
電車を待っていました。


The train was waited for while taking a saunter in the park in a
relaxed manner after this.


Please spend a wonderful weekend.


From loved ume tyan
    (^∇^)v Why taking a picture of magazine of Wada-misaki

木曜日, 1月 17, 2008

あれから13年




阪神淡路大震災
あれから、13年、私は、怖かった時間を忘れる事が、できません。
そして、今でも、街の記憶が残っています。
街は、新しくなっても、古い記憶のまま、店を捜す事があります。
そんなとき、寂しさを感じます。

別れとともに、新しい出会いもあったな、
私は、お亡くなりになられた事の追悼をします。
そして、命の大切さを後世に伝えていきたいと思う。


Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake
I cannot forget scary time with that for 13 years.
And, the memory of the town still remains.
There is searching for the shop like an old memory even if the town
becomes new.
I feel loneliness at such time.

I mourn for a dead thing there must not be new meeting with the
separation either.
And, I want to pass on the importance of the life to future
generations.


From loved ume tyan

                 ・_・ kobe and awaji

月曜日, 1月 14, 2008

風に戯れて神戸を感じる




神戸の街では、おしゃれなショップがたくさんあるわよ。
歩いて神戸を、散策するのは、楽しいね。
景色や、風を感じる事ができるもの。
その街を知るには、街に佇めばいい。
風が、私に街を、教えてくれる。

そして、ちょっと、かわいいパンツを見つけたわ。


There are a lot of fashionable shops in the town in Kobe.
Strolling in Kobe walking is happy.
The one that scenery and wind can be felt.
To know the town, you only have to stop in the town.
The wind teaches me the town.

...finding lovely pants.. and for a moment.





とりあえず、ウインドーショッピングをしましょ。

.. ..window shopping.. for the time being





ちょうど、バーゲンですからね。

It is sale just.





蜂蜜入りの、アイスクリームは、
3時のおやつと、足休めにちょうどいいね。


The ice cream with honey
It is just good for sweets and foot resting at three o'clock.


From loved ume tyan

         (/^^)/ I feel Kobe in the wind because it plays.

木曜日, 1月 10, 2008

神戸のランチは場所が多くって迷います

Maya and Kenaより、you make my dayの賞を頂きました。
すてきな、賞をありがとうございました。
ゆっくり、すてきな、日々をみんなに紹介していくね。


I got the prize of you make my day from Maya and Kena.
Thank you for a wonderful prize.
Slowly, it introduces wonderful every day to everyone.





もうひとつ、Marvinいつもありがとう。
すばらしい賞は、犬のアカデミー賞です。
世界的な賞ですね。
とっても、うれしいわ。


Always thank you for another one and Marvin.
A wonderful prize is dog's Academy Award.
It is a worldwide prize.
...very glad...

Shabadaba dooo





そして、わたしは、Jazzに、この賞を与えます。

And, I give Jazz this prize.





私は、神戸の北野坂を歩いていきました。
この場所は、結婚記念日のディナーで通った道です。
その時は、夜、暗かったので、解らなかったけれど、
道路の脇には、鳥かごに入った、花がありました。
誰が考えたんでしょう。
すてきな事を、考えるわね。


I walked on the Kitano slope in Kobe.
This place is a road that passed with dinner on the marriage
anniversary.
There was a flower that entered the bird cage sideward of the road
though it did not understand at night at that time because it was
dark.
Who will have thought?
It thinks about a wonderful thing.





もちろん、昼ですもの。
ランチをしなきゃいけません。
どこを、選ぶかによって、私の運命は、変わってきます。
そう、ここが、私の迷い道。


Of course, the daytime one to have.
It is necessary to do lunch.
My fate changes according to where is chosen.
Here is my hesitation road so.





前菜は、卵焼きと、生ハムと、サラダです。

The appetizer is an omelette, a prosciutto ham, and a salad.





豚肉は、パルメザンチーズです。
なんだか、ピザに味は似ていたけれど、
とっても、肉が柔らかくって、おいしかったわよ。


Pork is a Parmesan.
The taste : to the pizza though it looked like somehow.
Very, meat was soft, and was delicious.





デザートは、プリンとレモンのシャーベット。
食べると、レモンの味が、口の中に目が覚めたわ。


The dessert is a sherbet of the pudding and the lemon.
The taste of the lemon : when eating ..awaking in the mouth...





この選択は、正解だったわ。

...the correct answer this selection...





From loved ume tyan

       \(*^▽^*)ノ The place hesitates in a lot of lunches of Kobe.

火曜日, 1月 08, 2008

神戸に行くのは、何の用ですか




今から、神戸に行くのよ。
子犬と、ハムスターのみなさん、用意はいいですか。
新しい、カメラのレンズが手に入ったので撮影と、
神戸の街は、私の到着を心待ちにしていると思います。

私は、バスを待っています。
まだ来ないな。


It goes to Kobe now.
Is the preparation that a puppy and a hamster alone do not do good?
It is new, and because the lens on a camera was obtained, I think
that it looks forward of my arrival as for taking a picture and the
town in Kobe.

I am waiting for the bus.
Still come.





そうして、どうにか、神戸に到着しました。
湊川神社で、これから、参拝だよ。
ここは、楠木正成公を、ご神体として建立された神社です。
正月気分で、たくさんの人が、参拝に来ていました。


And, it arrived at Kobe somehow.
In Minatogawa Shrine, hereafter, it will be a visit to a shrine.
Here is a Shinto shrine to which Masashige Kusunoki was built
as an object of worship.
The great number of people had come to visit a shrine as if enjoying
the New Year's holidays.





そこには、お稲荷さんが、奉られていました。

God of harvest was revered there.





進んでいくと、ついに、御社殿に到着です。
さあ、一緒に、参拝しましょ。


It is finally an arrival at your company when advancing.
.. ..visit to a shrine.. Now together





狛犬が、こちらを、見ていました。

The image of Korean dog saw here.






From loved ume tyan

            (^_^ )ノ Is it for to go to Kobe what?

金曜日, 1月 04, 2008

初詣とは




私は、近くに有る、尼寺に初詣に行ってきました。
初詣は、日本の風習の1つです。
正月に、お寺や、神社に参る事です。
初詣は、他の国でもあるのかな?


I have gone to the nunnery that is to be near to visit a shrine on
New Year's Day.
The New Year's visit to a shrine is one of the manners of Japan.
It is a thing at the New Year to come to the temple and the Shinto
shrine.
Is New Year's visit to a shrine other countries?





参道を通って、尼寺に。

To the nunnery through the approach to a shrine.





お参りをしたあとに、おぜんざいと、大根を食べて、
無病息災を祈ってきました。
大根は、東山寺大根です。
この近くで穫れるのです。
そして、無病息災は、おいしかったよ:)


It has been praying for good health eating it is the tray sitting and
the radish after visiting.
The radish is a Touzan temple radish.
It is in this vicinity.
Good health..delicious.





お土産を買って、家に帰ろう。

Let's buy the souvenir, and return to the house.





これは、ダルマです。
緑のダルマは、諸病平癒、身体健全を祈る物です。
願をかけて、左目に墨をいれ、願いが叶ったら、右目に墨を入れます。
そして、尼寺に納めます。


This is a Daruma doll.
A green Daruma doll is a thing to pray for various sickness
recovery and a healthy body.
When it makes a vow, the Indian ink is put in the left eye, and the
wish is fulfilled, the Indian ink is put in the right eye.
And, it pays it to the nunnery.





木の細工は、見事でしょ。
山門の上には、興味深い場所があるんだよ。
この山門は、淡路最古の山門です。
桃山時代(1705年)に作られた建築物といわれています。
これぞ、日本建築だね。


The work of the tree is ..looking thing.. ..
On the gate, there is an interesting place.
This gate is the oldest gate in Awaji.
It is called a building built in the Momoyama age (1705).
This is Japan construction.





From loved ume tyan

     (。--)ノ What is the New Year's visit to a shrine?