月曜日, 4月 28, 2008

週末のチャットパーティ




週末は、のんびり家で、DWBのチャットパーティを楽しんだわ。
みんな、付き合ってくれて、ありがとう。
感謝します。
私は、日本語を使っているので、返事は、遅かったけど、
みんなの会話を見ていて、おもしろかったよ。


It peacefully enjoyed the chat party of DWB at home on the weekend.
Thank you for everyone associating.
We wish to express our gratitude.
Everyone's conversation was seen, and it was interesting though the
answer was late because I was using Japanese.





チリソースのお話は、興味深い事でした。

そして、時間は、過ぎてゆく。


The talk of chilli sauce was a matter of deep interest.

And, time passes.





いろんな人と、チャットが出来た幸せ。
そして、日頃、blogを見ていても、話した事が無い人とも、
話が出来ました。
すばらしい、パーティと、Opyを始めとした、関係者の努力は、
忘れてはいけません。
ありがとうございました。
そして、すばらしい、明日へと続く友情を希望します。


Happiness that was able to chat with various people.
And, it was possible to talk with the person who had not spoken even
if blog was always seen.
Do not forget the parties concerned' efforts including a wonderful
party and Opy.
Thank you.
And, wonderful friendship that continues to tomorrow is hoped for.


From loved ume tyan

              (-- )o< Chat party on weekend

木曜日, 4月 24, 2008

岩上神社への道




Dog With Blog 2nd Anniversaryおめでとうございます。
bloggerの孤独は、寂しいかったわ。
私は、Marvinと出会った後、彼女に勧められて、
DWBに入りました。
ここまでblogを続けているのは、DWBの友人がいるからだよ。
世界中に友人がいます、もちろん、私が行った事が無い場所、
知らない事を、blogで教えてもらっています。
悲しい事や、嬉しい事、共有出来る幸せは、素敵な事だね。
これからも友人達を結ぶ大切な絆発展してほしいわ。

さあ、急な長い階段を抜けると、そこには、何があるでしょう。


Congratulations on Dog With Blog 2nd Anniversary.
The solitude of blogger is ..loneliness...
I was recommended by her after it met Marvin, and entered DWB.
Blog is continued here because there is a friend of DWB.
There is a friend, and, of course, the place to which I have not been
and the thing doesn't know are taught all over the world in blog.
A sad thing, a thing glad, and the happiness that can be shared are
wonderful things.
I want you for important bonds that will connect friends in the
future to develop.

Now what there there by you if getting out from a sudden, long stairs?





ここは、岩上神社です。
初めて、私は、行きました。
これまで、行った事が無かったから、楽しみだわ。
blogを書いてなかったら、行かなかっただろうね。
それは、新しい事の発見にも繋がるわ。


Here is Iwagami Shinto shrine.
I went for the first time.
It is the enjoyment because it has not been up to now.
It is likely not to have gone if blog was not written.
It leads to the discovery of a new thing.





神籠石(ひもろぎいし)という、巨石が信仰対象とされているのです。

信仰の歴史は古く、平安時代以前から祭祀されていたと
考えられるそうです。


The megalith named( Himorogiishi).. is believed in.

The history of the belief seems to be thought to be festa old before
the Heian era.





石より、眺める景色は、すばらしく、海まで見えていました。

The scenery looked at from the stone was seen it was wonderful to the sea.





下から眺めてみましょう。
多くの石が、重なって信仰対象に考えられた事も、私にも解ります。
自然の驚異、ここに極まれり。

そして、広角レンズが欲しいな。
もっと、ダイナミックに写せるんだろうな!


Let's look at from the under.
The thing regarded by the belief object as a lot of stones came in
succession and I understand.
It is the marvel of nature and here it is possible to reach.

And, I want the wide-angle lens.
More, Dynamic..photo.





そして、私は、大満足な時間を、巨石とともに、
願い事をして、帰ったのさ。


And, I returned wishing for large satisfactory time
with the megalith.


From loved ume tyan

        (* ・・*) Road to Iwagami Shinto shrine

月曜日, 4月 21, 2008

賢いときもあるume tyan




ume tyanは、嬉しそうな顔をしています。
こんな顔をしていたら、雌犬だという事が、解りますね。
日頃の情景を見ていると、雄犬にしか見えません。
そこには、ギャップが激し過ぎ。


Ume tyan looks seem glad.
The thing that it is a female dog when it has such a face is
understood.
When the usual scene is seen, only the male dog is seen.
The gap is too violent there.





今日の食事は、豆ご飯と、魚です。
ちょっと、ゴージャスかしら?
下から、何かが、覗いているわね。

ゆっくり、ゆっくり、食事の準備。
愛情は、ゆっくりする事によって、膨らむ。


Today's foooood is bean meal, and a fish.
Be gorgeous for a moment or do?
Something peeps from the under.

Slowly, slow preparation of food.
Love swells by a slow thing.





そして、お待ちかねの、食事です。

And, it is a food of it is not possible to wait.


From loved ume tyan

            (o・。・o) Ume tyan wise occasionally

木曜日, 4月 17, 2008

ゴージャスな時間は、この時に有り




日本が誇る、エンターテーメント。
それには、何が考えられるでしょう?
吉本興業のお笑い?
いいえ。
わたしが、やって来たのは、宝塚です。
何をしに来たのか、解るかな?


Entertainment of which Japan boasts.
About what will be thought by it?
Comedy of Yoshimoto Theatrical?
No.
It is in Takarazuka that I came.
Is for what is done whether it came understood?





宝塚の桜は、残念ながら散っていました。
しかし、私は、すみれを見に来たのでした。
といっても、本物のすみれじゃないけどね。
そう、宝塚歌劇団を見に来たのでした。


To our regret, cherry blossoms in Takarazuka have scattered.
However, because I had come to see the violet, it did.
However, it is not a genuine violet.
It did because it had come to see Takarazuka Girls' Operetta
Troupe so.





開演が、待ち遠しいわ。
そして高まる、期待と高揚感。


...impatient starting...
And, it rises, and it expects and the euphoria.





天井のシャンデリアは、ゴージャス。

The chandelier of the ceiling is gorgeous.





ようやく、開演だわ。
今日のタイトルは、『Me and my girl』
舞台は、ロンドン。
跡継ぎが無いまま亡くなったと思われていたが、
実は街で子供を作っていたという少年を跡継ぎにしようと、
大騒ぎの物語だったわ。

生の迫力は、すごかった。
席の手前でのダンス、そして、新しい

Youtubeで見つけたから、週末には、一緒に踊ろうよ。
それにも増して、恐るべきは、Youtube.


...starting at last it...
In today's title, the 'Me and my girl' stage is London.
Though it was thought that it died without the heir's there ..the
story of the fuss it when the heir is done the boy of having started
a family in the town to tell the truth...

The power of the life was terrible.
It dances in this side of the seat, and is new.

Let's dance together on the weekend because it found it with Youtube.

It increases to it, and redoubtable is Youtube.









From loved ume tyan

        (*^▽^*)ノ There is gorgeous time at this time.

marvin the dog and friends 11

日本の新しい友人の、Mionaさんです。
彼女は、ゴールデンレッドリバーの大いなる散歩の記憶を書いていて、
これから、どんな物語になるのか、多いに興味があります。
長く続けて欲しい、私は、思っています。
そして、数少ない、私と同じ日本人と言う点でも、Dog With Blogを
盛り上げてくれると、思っています。
肩の力を抜いて、これからも、よろしくね。


About a new friend in Japan, it is Miona.
The memory of a considerable stroll of golden red River is being
written, and she what story will become in the future, and be
interested very much.
I think keeping length and hope.
And, it is thought that Dog With Blog is piled up also in the point
called very few, the same Japanese as me.
Please continue your favors toward getting off the fast track in the
future.


月曜日, 4月 14, 2008

ume tyanからの、春の便り




桜の花びらは、風とともにさりぬ。
そして、ume tyanは、新しい季節を探すのでした。


The petal of cherry blossoms leaves with the wind.
And, because ume tyan looked for a new season, it did.





まずは、おおきな、鼻をして、何かを感じ取りましょう。
みんなも、ご一緒に。
さあ、探してみよう、時間の成せる技と、
敏感な、感覚を磨いて。


First of all, because , nose is done, let's feel something.
Everyone is the same.
Now, and look for, and a technique to be able to do time and a
sensitive sense are polished.





サツキは、桜の後の準備を、密かに、
しかし、確実に花を蓄えていました。


Satsuki saved the preparation after cherry blossoms and the flower
had been saved surely yet close.





手前に見えるは、土筆でございます。
ume tyan、あなたが見つけるべきだわ。
私が、見つけてどうするのよ!


It is seeing , Equisetum arvense forward.
...ume tyan.. ..should find it by you...
I find and it does very.





そして、最後は、あたらしい、葉っぱ。
ゆっくり、たくさん、お食べなさい。
残す必要は、無いわよ。

道草を食っている、ume tyanからの、春の便りでした。


And, the end is a new leaf.
Slowly, eat a lot.
There is no left necessity.

It was a letter of spring from ume tyan that wasted one's time on the
road.


From loved ume tyan

         (〒_〒) Letter of spring from ume tyan

木曜日, 4月 10, 2008

ハンバーガーと会話の




ハンバーガーが、食べたい。
私は、急いで、ハンバーガーを探しに行ったのでした。

こんな店では、どんな会話をしているのかしら?

そうね、占いの話でもしているのかな?
西洋では、星座による占いが、盛んだと聞くわね。
本当かな?
星座の研究者は、占いで生計を立てていたと、
何かの本で読んだ記憶があるわ。


I want to eat the hamburger.
Because I had gone to look for the hamburger in a hurry, it did.

What conversation do you do in such a shop?

Does it is the story of the fortune-telling told?
It is heard that the fortune-telling by the constellation is active
in the West.
Is it the truth?
The researcher of the constellation : ..having the memory of reading
in some book or other when having made a living by the fortune-
telling...





日本では、血液型の占いが盛んだわ。
A型は、まじめで....
B型は、ちょっと独特。

とか言って、私のダーリンは、B型だわ。
たぶん、私のblogを読んでる人は、B型が多いのでは、
そんな気がします。


In Japan ..active the fortune-telling of the blood type...
A type : in seriousness.
B type is peculiar for a moment.

Say, and ..B type my darling...
Maybe, the person who is reading my blog is felt like in a lot of B
types' there so.





たまねぎの、リングは、おいしいよ。
これは、北海道のだね。
だけど、淡路島では、たまねぎの産地。
おいしい、たまねぎを作っています。


The ring of the onion is delicious.
This is Hokkaido's.
However, the home of the onion in Awajishima.
A delicious onion is made.





そして、わたしは、オニオンタワーが、見たくなったので
出向いていったのでした。


It proceeded coming of me and to wanting see
the onion tower because it was.


From loved ume tyan

        (_(*゜▽゜) Hamburger and conversation

月曜日, 4月 07, 2008

桜の花の、はかなさを知る




今日は、雨が降って、折角の桜の花の満開が、
散ってしまうのかな?
さみしいな、だけど、桜の季節は、雨が不思議と多い。
「花の命は、短くて、苦しき事のみ多かりき」
林芙美子さんは、うまいこと詩を読んだな。
そういえば、本を読んで、いないな。
読書不足だ、このごろは。
だけど、毎日、誰かのblogを、読んでるけれど、
もうちよっと、本を読まないとね。


さあ、みんな、お花見ですよ。
日本では、桜の花の下で、食事や、夜桜見物をします。
ごみは、お持ち帰りよ。
そこには、モラルが必要だわ。


Does it rain today, and does full-bloomed of cherry blossoms
of the case corner scatter?
It rains much mysteriously at the season of cherry blossoms be not
lonely.
Do read poetry "The life of the flower is coming of ..only short,
painful thing.. ..multi.. debt" Hayashi fumiko ..good...
Incidently, be reading the book.
It is reading shortage, and this furnace :.
However, neither nor the book are read though someone's blog is read
every day.


Now all are enjoying seeing cherry blossom.
In Japan, meal and the cherry blossoms in the evening are
seen under cherry blossoms.
Garbage is taken home.
...morality necessary there...





桜の花です。
以前見た、桜とは、違って、葉っぱが無いでしょ。
これが、わたしの、桜のイメージだわ。


Now it is cherry blossoms.
It saw before, and . with cherry blossoms ..there is no leaf...
differ
Cherry blossoms..image.





そして、お寺には、桜の花がよく似合うわ。
鮮やかな朱色に、淡い桜色のコントラスト。
門の間からも、広がる桜の光景。


...suiting cherry blossoms well for the temple and...
In vivid vermilion, it is a light pink contrast.
Spectacle of extending cherry blossoms between gates.





私は、ここで立ち止まっているよ。
花と、風景を楽しんでいるから。
みんなで一緒に花見を楽しもう。
ここで、日本の、花見の歴史を感じて。
花の、はかなさは、日本人の美学だわ。


I am halting here.
Because it enjoys the flower and scenery.
Let's enjoy enjoying seeing cherry blossom together by everyone.
Here, I feel the history of enjoying seeing cherry blossom of Japan.
...Japanese aesthetics the transience of the flower...






From loved ume tyan

    ♪〜( ̄。 ̄) It knows the transience of cherry blossoms.

木曜日, 4月 03, 2008

ミドルネームのタグは、どこに行ったのか?




Ericからの、タグを考えましょう。
それは、ミドルネームのタグです。
ミドルネームの文字を、何にしようかな?
ここには、海の写真があります。
だったら、Seaにするか、La Merにしましょう。


Let's think about tag from Eric.
It is tag of the middle name there.
Shall we make the character of the middle name what?
The photograph in the sea is here.
Then, let's make to Sea or make it to La Mer.





Lamp-暗い夜には、必要で、夜をロマンチックに照らします。
Mers-火星には、生物が住んでいるのかな?

私の言葉は、時間と、空間を越えて、伝える事が、出来るわね。
日本では、夜の時間、イギリスでは、昼間だね。

そして、もちろん、生命の源である海が、必要だね。


Lamp-It is necessary for a night Lamp-dark, and shines
on the night romantically.
Mers-Does the living thing live in Mers-Mars?

The told thing can be done by my word's exceeding time and the space.
In Japan, it is time of night, and daytime in Britain.

And, the sea that is the essence of life is of course necessary.





今日の、blogは、Ericに進呈します。
海は、世界を結びます。
すばらしい、blogの世界への招待と、感謝を込めて。


Blog presents Eric today.
The sea connects the world.
An invitation and a wonderful expressing gratitude to the world for
blog are put.


From loved ume tyan

        (:D)┼─┤ Where did the tag of the middle name go?