火曜日, 7月 29, 2008

青の心と、空の彼方に




カメラに、広角レンズを抱えて、歩いて散歩しました。
川は、空の色を、反射し、青い世界を、作っていました。


It strolled walking holding the wide-angle lens in the camera.
The river reflected an empty color, and made the blue world.





川を、覗いていると、多くの小魚が、泳いでいます。
銀色の背中が、愛らしい。


When it peeps into the river, a lot of fingerlings are
swimming.
An argent back is pretty.





川を越えて、海岸へと向かいました。
海岸では、潮風に吹かれ、すっかり夏の気分。
フナ虫さえ、走り回り。


Toward the coast across a river.
It is blown to the sea breeze, and feelings of summer
in the coast completely.
Even the crucian insect runs.





堤防を紫外線を浴びながら、歩いて、歩いて、また、歩く。
歩くこと、それは、考えること。
止まらずに、時間の限り、想い。
ただ、心の命ずるままに。

私の悩みは、海のように深く、そして、クールである。


It walks in the embankment while bathing in ultraviolet rays,
it walks, and it walks.
It walks, and it thinks about it.
It thinks without stopping for time.
However, the mind will be commanded.

My worry is as deep as the sea, and cool.





青空は、どこまでも、続いてゆく。
その、彼方には、友人がいる。
時間を超え、空間を超え、私の心と、つながる。
ああ、愛しのスコットランド。


It continues to the blue sky even where.
There is a friend in the other side.
It connects with my mind exceeding the space exceeding time.
Ah Scotland of love.


From loved ume tyan

         8^) Over there of a blue mind and sky

金曜日, 7月 25, 2008

植物園の見所は、何かしら?




淡路夢舞台は、わたしの、好きな場所。
安藤忠雄さんの、建造物は、印象的。
コンクリートに命を吹き込み、見る場所、
時間によって、様々な姿を見せてくれます。


A dream stage in Awaji is my wherever you like.
Tadao Ando's building is impressive.
The life is blown in to concrete, and various appearances
are shown according to seen place and time.





そして、私は、植物園へと、歩みを進めるのさ。
冒険の用意は、出来たかな?

注意を込めて、自然を観察。
自然は、常に変化する。


And, I advance the botanical garden and walking.
Was the adventure able to be prepared?

Attention is put, and nature is observed.
Nature always changes.





花は、不思議な形をしていました。
まるで、蝶が、羽根を休めているような、
そんな自然の造形美。


The flower had mysterious shape.
Like forming beauty of such nature that butterfly is resting
shuttlecock.





日本風の庭を、捜索しましょう。
盆栽は、空間を一つの世界にする。


Let's search for the garden of the Japan style.
The bonsai makes the space one the world.





私は、日本の庭を、落ち着いて、見る事ができます。
やっぱり、日本人だからかな?


I can see the garden of Japan by settling down.
After all, is because it is Japanese, it a Japanese syllabary?





こちらには、かぼちゃが多く、置かれていました。
かざりかぼちゃだ。
光を、浴びて、なんだか、神々しいね。
宝物みたい、食べられないけれど。

暑い夏です。
みなさん、週末を、無理せず、
のんびりゆったりと、お過ごし下さい。


The pumpkin was put a lot here.
It is a decoration pumpkin.
Light is bathed in, and it is divine somehow.
Though it is not eaten like the treasure.

It is a hot summer.
It doesn't overwork on the weekend everybody.
Please spend it peacefully in a relaxed manner.


From loved ume tyan

 (゜_゜) What is the viewpoint of the botanical garden?

火曜日, 7月 22, 2008

睡蓮の花と、海水浴の頃




自転車で走っていると、いろんな発見をします。
自然は、常に移り変わって、止まろうとしないのね。
常に前に進みます。
私は、タイムマシンが欲しいわ。
歴史を、この目で、確かめてみたい。
そんな事、考えたりして。

そして、睡蓮の花は、もう少しで、咲こうとしていました。


Various discoveries are done when pedaling along.
Nature doesn't start always changing, and stopping.
It always advances ahead.
I want the time machine.
I want to confirm the history by these eyes.
Such a thing and idea

And, the water lily flower started blooming a little more.





池には、所狭しと、多くの睡蓮の葉が、茂っています。
一面、私のものだと言わんばかりに。


The leaf of place narrowness and a lot of water lilies grows
thick in the pond.
Because it is not just said that one side and mine.





喫茶店に入って、のんびりとした、昼食を待ちながら、
外を眺めていました。
いつ来ても、この喫茶店は、心地が良いなって、感じながら。
カレーは、まだかしら。


A lunch that entered the coffee shop, and was calm was
looked at, and it looked at and the outside was looked at
while waiting.
While feeling this coffee shop because it becomes it when
it comes feelings are good.
The curry still.





海岸では、キャンプに子供連れの家族が、大勢来ていたよ。
バーベキューの匂いがしている海岸は、
お腹が空いている時に、休むのには、苦痛だね。
だけど、今は、大丈夫。


Many families of the child taking had come to camp
in the coast.
The coast where fragrant of the barbecue is is painful
to take a rest when the stomach has become empty.
However, it is safe now.


From loved ume tyan

  ;^)  At the flower and the sea bathing of the water lily

金曜日, 7月 18, 2008

ume tyanから、感謝を込めて




今週は、忙しかったわ。
梅雨も明けて、ますます、暑くなった、
空の天気は、気まぐれ、そのまま。

1週間と、すこし、ume tyanの状況は、どうなっているか?
みなさんの、ありがたい、お言葉を、頂いていたので、
見て見ましょう。

It was busy this week.
It became hot, and ..caprice.. as it is more and more ..
the end also of the rainy season... the empty weather

How does the situation of ume tyan become one week a little?
It is welcome, and it sees and I will see about everybody because
it got the word.





鼻は良くなって来ています。

The nose has improved.





鼻と舌は、まだら模様になっているわ。

The nose and the tongue are spotted patterns.





青い柿で、ume tyanは、遊んでいます。
良いにおいが、するのかしら?


Ume tyan plays by a blue persimmon.
Do it smell good?





目の腫れも、無くなりました。

Swelling eyes disappeared.





夕御飯は、魚とブロッコリーです。
贅沢な食事だわ。
あなたも、食べたくなったでしょ!


Rice is a fish and a broccoli in the evening.
It is extravagant meal.
You are ! ..coming to wanting eat...





お待ちかねだね。

It is not possible to wait.






ありがとう、Girl Girlからの、Award進呈

ルールに基づいて設定されArte-y-Pico
ルールを明確にして、あなたにバトンタッチ。

1 )あなたは5つのブログを選ぶこの賞を受賞することを
 考えることに値する創造性、デザイン、興味深い材料とも
 貢献して言語に関係なく、 Bloggerのコミュニティです。

2 )Awardは、名前のリンクと、
 彼の/彼女のブログを訪問してAwardの授与を宣言します。

3 )Award受賞者の名前と賞を置くことは、
 Blogへのリンクが与えられた、彼女の賞そのものです。

4 )Awardの受賞者は、1つのAwardが与えられたリンク
 を表示するしてください、それは、 " Arte-y-Pico "
  誰もが知っているブログのための賞の起源

5 )Award受賞者はルールを表示する、必要があります。


Thank you the Award presentation from Girl Girl.

In accordance with the rules set by Arte-y-Pico I must clearly
state
THE RULES...so grab a pawtini and make yourselves
comfy...here you go...

1) You have to pick FIVE blogs that you consider deserve
  this award for creativity, design, interesting material and
  also contribute to the blogger community regardless
 of language.

2) Each award has to have the name of the author and
 a link to his/her blog to be visited.

3) Each award winner has to show the award and
 put the name and link to the blog that has given
 him/her the award itself.

4) Award winners and the one who has given the prize have
 to show the link of the "
Arte-y-Pico" blog so everyone
 will know the origin of the award


5) In compliance with said RULES, the award winner must
 show the RULES.




わたしは、Awordを、Eduardo、Lacy、Ari、Stardustさん、
momokoさんに、渡しましょう。

ようやく、週末だね。
みなさん、すばらしい時間が待っています。
良い週末は、人生の幸せ
のんびり、楽しくすごしましょ。


I will pass Aword to Eduardo, Lacy, Ari, Stardust, and momoko.

At last, it is a weekend.
Time wonderful ..everybody.. waits.
It is happiness of the life on a good weekend.
Peacefully, . ..spending happily..


From loved ume tyan

        o(´^`)o Thanks are put from ume tyan.

月曜日, 7月 14, 2008

神戸の歴史、時間があったら、調べてごらん。




ちょっと、私は、書くのが早すぎる気もしますが、
ゆっくりと、神戸の話の続きを書くとしましょう。
みんなも、ゆっくりと、読んで下さい。
あんまり、速く読もうとすると、疲れるわよ。

神戸で歩き疲れて、コーヒーとチーズケーキを頼みました。
チーズケーキは、とろけたチーズが、スポンジの上にあって、
切り分けながら、食べました。
とっても、美味しかったわ。
この喫茶店にして、よかった、そう感じました。
残念だけど、写真、撮ってませんけど。
あなたの想像に任せます。


Let's assume that the continuation of the story of Kobe is slowly
written though writing does me an too early nature for a moment.
Please read everyone slowly.
When reading fast, it becomes tired too much.

It walked off one's feet in Kobe, and it asked for coffee and
the cheesecake.
The melting cheese was on the sponge, and it ate the cheesecake
dividing.
Very, it was delicious.
It was good, and felt it so because it made it to this coffee shop.
Regrettably, though it ..photograph.. doesn't take.
It leaves it to your imagination.





港町神戸、ロマンチックな街。
異国との出入り口。
船は、湾内を廻るコースもあって、すぐ乗る事ができます。
だけど、私は、船でやって来たので、
神戸港の探索は、今回はしませんでした。


Port Kobe and romantic town.
Doorway with foreign country.
There is course in the bay, too and the ship can get on soon.
However, the Kobe port was not searched this time because
I had come with the ship.





嘘のように、晴れ渡った空は、時間を忘れて夕方です。
夕日が強くって、日傘でございます。


The sky that clears up like the lie forgets time and is an evening.
The evening sun is strong, and the parasol.





神戸のシンボルは、ポートタワーと、メリケンパーク。
メリケンは、アメリカの事。
居留地の名前も、世界に開かれた、神戸の過去を示します。
多くの建造物は、時代とともに、移り変わり。
建て変わっていくけれど、私は、古い建物が好き。


The symbol of Kobe is Port Tower, and a Merican park.
The Merican is the United States thing.
The past of Kobe when the name of the residence ground was
opened in the world is indicated.
A lot of buildings change in the age.
I like outmoded building though it builds and it changes.





たぶん、翻訳したら、意味が解らなくなるでしょう。
神戸の歴史、時間があったら、調べてごらん。
神戸ビーフ以外もあるからね。


Maybe, the meaning might not be understood if it translates.
Examine it when there are a history and time of Kobe.
It is also excluding Kobe beef.


From loved ume tyan


(:D)┼─┤
Examine it when there are a history and time of Kobe.

木曜日, 7月 10, 2008

神戸を旅する時には、道中も楽しもう。




ume tyanの鼻を先生に見てもらいました。
鼻は、土の中の、ばい菌で赤くなっていました。
心配してくれて、ありがとうございます。
抗生物質の薬を飲んで、治療します。

明石海峡大橋を上に見ながら、
私は、フェリーに乗って、神戸へと向かうのであった。
船に乗る事が、私は好き。
旅行をしているって、感じるから。


The teacher saw the nose of ume tyan.
The nose had reddened by bacteria of the soil.
Thank you for worrying.
The medicine of the antibiotic is treated drinking.

While seeing Akashi Kaikyo Bridge up
I headed for Kobe going on a ferry.
I like to take the ship.
Travel and because it .... feels it.





船の上から、淡路島を振り返ってみると、
見慣れた風景も、違って見える。
目的は、いろいろあるけれども、
先ずは始める事から、開始しましょう。


The scenery got used to seeing is different and
it sees it when looking back on Awajishima from the ship.
First of all, the purpose begins from the started thing though
it is variously.






船を降りた後、大雨が降って、前も見えないくらいの、
状況だったので、
どうなることかと、危ぶんでいましたが、
中華料理屋さんに着く頃には、
雨も小振りになり、歩きやすくなっていました。

私の好きな、中華料理屋さん。
店の人が親切に、特別メニューを教えてくれました。
私が選んだのは、牛腹のソバです。
とっても柔らかい肉が、おいしくジューシー。
ちょっと固めの、麺との組み合わせが、
幸せを運んでくれます。


Rain became a small act, too, when arriving at
Chinese restaurant and it was easy to have walked though
it doubted how it became it because it was a situation
by raining heavily after it disembarked,
and not seeing ahead.

My favorite Chinese restaurant.
The person in the shop kindly gave the On-line Nmenu.
It is Noodle of beef that I chose.
Very soft meat is delicious and juicy.
The combination with the noodle of hardening carries
happiness for a moment.





そして、春巻きは、ぱりっとしていて、
これも、おいしかったわ。
おなかが一杯になったら、出発です。


And, Harumaki was spruce, and was also delicious.
When the stomach is filled, it is a departure.





そして、新神戸から、布引の滝まで、ハイキングです。
広角レンズの撮影も兼ねて、選んだ道は、雨にぬれて、
木の葉が、滑りやすく、ちょっと、危険を感じたので、
途中で挫折しました。


And, it is hiking from Shin-Kobe to the waterfall of Nunobiki.
It failed on the way because the chosen road felt danger
for a moment because taking a picture of the wide-angle lens
was held concurrently it wet because of rain, and the leaf
was slippery.





だけど、神戸の水を司る、布引の滝の水は、
澄んだ自然と相まって、私の期待を上回る場所でした。
次回の挑戦を、私は誓ったのでした。


However, the water of the waterfall of Nunobiki
where the water of Kobe was ruled clear waited for nature
and the aspect, and was place more than my expectation.
Because I had sworn the next challenge, it did.


From loved ume tyan

ヾ(@⌒¬⌒@)ノ
   When traveling around Kobe, let's enjoy on the way.

月曜日, 7月 07, 2008

七夕の夜は、Jazzでも聴きながら過ごそう。




今日は、七夕、1年に1回、織女・牽牛が、
天の川で出会う日です。
すてきな、出会いを、遠き宇宙の彼方で出逢えると、
いいわね。

そうして、私は、のんびりと、地球上の友人に、
会いに行きます。

ume tyanの鼻は、赤く日焼けしてるでしょ。
日差しが強くって、困っているのかな?
日焼け止めでも、つけようかしら。
それとも、病気なのかな?


Orihime and Hikoboshi are the days once the Star Festival
and a year that meet in the Milky Way today.
When Dea is gotten over there of far space,
a wonderful meeting is good.

I peacefully go to the friend on the earth to meet.

The nose of ume tyan is . ..the red sunburn...
Is sunlight strong, and do it embarrass it?
Apply the sunscreen or ..
Or, is it sick?





tesser 50の、40年もののレンズは、今も健在です。
広角レンズと比較してみると、写る範囲は狭いけれど、
画像の鋭さ、「鷹の目」の異名は、伊達ではないね。

pentaxのカメラは、このレンズでも手ぶれ補正が効くから
すごい。


It of the lens of the one is alive and well now for 40 years
of tesser 50.
The alias of sharpness of the image and "Hawk's eyes"
is not the emphases though the range where it falls that
it compares it with the wide-angle lens is narrow.

As for the camera of pentax, because the blurring
correction is effective, this lens is good.





あじさいを、めぐるume tyanの散歩と、竹のロープ止め
は、定番のコースです。

ベバァリー・ケニーのボーン・トゥ・ビー・ブルーでも
歌いながら、ゆったりと、歩くのに最適だわ。

The stroll of ume tyan that comes round the hydrangea
and the rope stop of the bamboo are standard courses.

Even Beverly Kenny's Born To Be blue is the best for
walking in a relaxed manner singing.





夏だね、ひまわりが、咲いている。
夕日を浴びながら、ume tyanと一緒の時間は、
自然を感じながら、楽しさが待ってるよ。

一晩中、ミルキーウェイを見て過ごそうか!


The sunflower is in blossom in summer it.
Happiness waits while feeling nature while bathing
in the evening sun at time the same as ume tyan.

Let's see and spend Milky Way all night long.


From loved ume tyan

(⌒^⌒)b Let's spend Jazz while listening at night
       of the Star Festival.

木曜日, 7月 03, 2008

海のオレンジ色




少し前の出来事です。
広角レンズを試しに、海岸に出掛けました。
あんまり写真に写すものがないわね。
そうして、海を見ると、海がオレンジ色になっていました。
赤潮の影響だわ。
海の栄養が、多過ぎて、プランクトンが大量発生して、
海の中の酸素が、不足しています。


It is the previous event a little.
Wide-angle lens..by way of experiment..coast..go out.
There is not so much something copied onto the photograph.
And, when the sea was seen, the sea was orange.
It is an influence of the red tide.
There is a lot of nourishment of the sea, the plankton is
generated in large quantities, and oxygen in the sea is
insufficient.





海岸の公園では、鳥が多く、遊んでいました。
みなさんも、ゆっくり、週末を楽しんでね。
私も、どこかに、写真を撮りに行きたいと思っているから、
雨は、降らないで欲しいわ。

In the park in the coast, there were a lot of birds, and it played.
Everybody also slowly enjoys the weekend.
As for rain, because I want also to go somewhere to take the
photograph, I want you not to fall.


From loved ume tyan

             <(゜ロ゜;)> Orange of sea