土曜日, 11月 29, 2008

千山には、歴史と文化が隠れている




12月まで、もう少し。
年賀状や、クリスマスカードを書こうとするのだけれども、
結婚記念日や、家具の組み立ての為、
何も出来ていないのが、事実です。
おまけに、知ってはいると思いますが、
blogを書くことや、訪問も出来ていないんだ。

申し訳ございません。≦(._.)≧

少し前だけど、山に行って来たんだけれど、
そのことについて、書いていこうかな。

山は、秋を感じさせてくれる。
そんな、期待を持って、私は、千山へ、導かれました。
10円玉が、木に刺さり、私は、それが、気に障り。
縁起を担いで、いるのかしら?!


A little more until December.
It is true not to be made of anything because
of the assembly of the marriage anniversary and
furniture though it tries to write the New Year's card
and the Christmas card.
Additionally, blog cannot be written, and it visit though
it is thought that it is when knowing.

I am sorry. ≦(._.)≧

Let's write that though it went to the mountain a little ahead.

The mountain feels autumn.
I was led to Senzan(1000 mountains) with the expectation so.
Ten yen gem sticks in the tree, and I hinder the nature it.
Are you for good luck?!





空は、雨の後の光を感じて、地上に降りた雲のかけらを、
探し回って、山々を照らしてくれる。


The sky looks for the fragment of the cloud gotten off on
the ground feeling the light after rain, turns, and shines
on mountains.





山の上には、塔が建っています。
ここでは、遠い昔を感じる事が、出来ました。
歴史は古く、夢の如く、過ぎ去る日々を止める。
昔の人は、良くここまで、建物を造ったね!
関心は、隅々へと至る。


The tower has been built on the mountain.
Here, I was able to feel far old times.
The history stops every day when it passes away
old like the dream.
Men of old times built a structure here well.
The concern arrives at every corner.





龍は、心を清めてくれますね。
もちろん、水の神様ですもの。


The dragon purges one's heart.
Of course, the god of water is the one to have.





1つは、私のため、もうひとつは、みなさんの幸福と、
世界の平和を祈って、お祈りしました。


One prayed for peace of everybody in happiness and
the world by another one for me because it prayed.


From loved ume tyan

  (-_-)y- The history and the culture are hidden in Senzan.

土曜日, 11月 22, 2008

たまねぎに未来を感じて




ume tyanとの、散歩は、暖かい日差しに限るね。
今日は、雹が昼間に降ってきました。

大粒の雹は、音を立て、屋根を駆け下りて、
冷たい水たまりをたくさん作ってたよ。

おお、寒い。


The stroll with ume tyan is limited to warm sunlight.
Hail has fallen in daytime today.

The large hailstone made noise, ran in the roof,
descended, and made a lot of cold puddles.

Oh it is cold.





どんぐりを、食べるのかしら?
それとも、持って帰るの?
その為に、ume tyanは、私を、ここに連れて来たのかな!


Does it retreat and does it eat?
Or, it takes it home.
Therefore, did ume tyan bring me here?





まあ、私が食べたいのは、ume tyanの後ろにある、
蜜柑だったりする訳よ。


Oh dear, my wanting to eat is a reason that is behind
ume tyan that is the mandarin orange.





もう少しの、散歩の時間。
屋根の下に、玉ねぎを、発見したわ。
なんだか、いい予感。
ちょっと見た感じは、おばけに見えるけどね。


Time of a little more stroll.
The onion was discovered under the roof.
Good presentiment somehow.
The feeling seen for a moment is seen taking the shape.





ある晴れた日、
君は、何をしていたんだと、私に尋ねる。

私は、きっと、こう答えるだろう。

寒い日もあるさ、
毎日が、温暖で過ごしやすい訳じゃないよ。
だけど、こんな日もなけりゃ、無いで
新しい日が来ないんだよ。

新しい明日は、夢と希望を携えて、
朝日とともに、私達の前にやって来る。
独りで見る、明日より、みんなで見る、
明日は、さらにすばらしく。

そうして、ume tyanの7歳の秋は、
冬に変わろうとしているのでした。


A certain day when it cleared up
You ask me that what was done.

I will surely answer so.

There is a cold day, too.
Every day is not clemently spent easily.
However, it is not ..such day.. and the day doesn't come new.

It has the dream and hope, and it will come in front of
us with the morning sun new tomorrow.
It sees in one person, will see from tomorrow in everyone,
and be more wonderful tomorrow.

And, because the autumn of ume tyan of seven years
old started changing in winter, it did.


From loved ume tyan

        (^O^)w I feel the future in the onion.

月曜日, 11月 17, 2008

秋の散歩は、ume tyanにお任せさ




秋といえば、紅葉なんだけども、残念ながら、
季節感を、まだ、私は、味わってないな。

そんな、今日の散歩は、ume tyanにおまかせ。
私は、ただ、あなたの後ろを付いていく。


I must taste the sense of the season still to our regret though
it is an autumn tint as for autumn.

Such today's stroll is left to ume tyan.
I take side in your back.





池の横の細い道を、通り抜け。
どこに行くのかしら!?


Pass the narrow road on the side of the pond.
Where do you go??





鶏頭の花を、私に見せたかったんだわ。
それから、何をするのかしら?


I wanted to show me the flower of the cockscomb.
After that, what do you do?





細い道は、続いていく。
舗装も程々に、草が生えるものなのね。


The narrow road continues.
The one that grass grows in moderation as for pavement.





畑の真ん中で、ひとやすみ。
歩いた後には、休息も必要だね。

ume tyanは、何を見ているのかな。


Ume tyan recess at the center of the field.
It is necessary to take a rest after it walks.

What does ume tyan see?





私も、見てみる。

そして、青い空を眺めて、何を思う!
自然の幸せを、感じながら、今日も生きている。
赤い絆を、共に持ち、あなたとともに、姿は変われど、
場所は違えど、同じ時間を過ごしている。


I also see.

And, what is thought because the blue sky is looked at.
It is alive as the happiness of nature is felt today.
Red bonds are spent, and it has both, and the same time
is spent the place different the change of the appearance
with you.


From loved ume tyan

        (^_-)☆ The autumn walk to ume tyan.

火曜日, 11月 11, 2008

もちろん、チーズケーキは、私がもらうわね




マドレーヌにとろけるチーズをのせたようですが、
これがチーズケーキです。
お口に入れると納得の一品。
ここのお店に、行ったのは3回目


This is a cheesecake though it seems to have put the cheese
that melts to the madeleine.
It is an article of consent when putting it in the mouth.
It is the third to go to a shop here.





風景に酔いしれながらポートタワーと、
ホテルオークラの建物。
夜が更けると共に、物思いにふける。


Intoxication to scenery, Port Tower, and with be known
building of Hotel Okura.
It indulges to pensiveness with the advance of night.





今月は、めでたく結婚6年目に入り、
嬉しいようで悲しいような?
そんな気持ち. . . .
毎年恒例の記念日のディナー、
今回はメリケンパークオリエンタルホテルで、
お願いしましたよ。


Sad glad ?
this month. catch one's eye happily for ..marriage.. six years
Such feelings.  . . .
Customary dinner on anniversary every year
It asked at a Kobe Meriken Park Oriental Hotel this time.


From loved ume tyan

         (゜゜) Of course, I get the cheesecake.

木曜日, 11月 06, 2008

神戸のおいしい時間

私は、良く神戸にお出かけをするんですが、
その楽しみの一つがお昼のランチです。
以前テレビ番組の、ちちんぷいぷいで紹介された
レストランに行って来ましたよ。


One of the enjoyments is lunch in daytime though
I go out to Kobe well.
It had gone to the restaurant that had been
introduced with of the television program before.






コックさん達が、オーダーしたメニューを、
せっせと調理を、始めています。

『待つ間、少し独り事』言わせてさせていただきます。
お家でダーリンの為に、お料理作る時は、
なんせ、色合いにこだわります、と言うのは、
明日への活力とか、疲れた体をいたわるのに、
ビタミンカラーは必要不可欠だと思うからです。


Mr. cock begin to cook the order menu assiduously.
'One person thing while it waits a little' I will make
it say and do.

It is because of the desire that the vitamin color is
necessary and indispensable so that saying that
it will stick to , color may treat energies to tomorrow
or a tired body kindly when the dish is made at
home for the darling.





最初に出て来たのは、サラダに入っているタコと、
それと素揚げしたえびの、合わせ具合が絶妙のこと。


In the first going out, it matches and the condition is
exquisiteness with the lobster that exists in the salad
that deep-fried it and the source with the octopus.





デミグラスのソースが、お口にじわっとしみる
ハンバーグは、これまた、あつあつでふっくらとしていました。
この入れ物で直接、焼いたんだと思います
これがお目当でここでのランチを決めたんですけどね。


The Demi glass source does steadily to the mouth and it sees.
The hamburg steak was puffily made with this and.
Therefore ..the desire.., lunch was decided when having burnt
directly in this container.





衣、食と収穫のある時、ない時とがありますが、
本日は有りの日でしょうか!?
そんな、ゆったりな二人の時間でした。


Is it a day it is today though there is time that not is when
there are clothes, food, and a harvest?
It was such comfortably ..becoming it.. time of 2 person.






            (^〜^) Delicious time of Kobe

土曜日, 11月 01, 2008

街には色が落ちている




寒暖の差が、激しくって、風邪を引きそうな、この気候、
みなさん、如何がおすごしですか?
私は、元気に、秋を楽しんでいるわ。

神戸の街、ここは、センスを問われる街、
私は、この街に夢中よ。
カラフルな色彩は、私の足と心を釘付けに。


The difference of the temperature is intense,
and how is it this climate, everybody who seems
to catch a cold, and?
I am energetically enjoying autumn.

The town and I asked the sense are craziness
the town and here in Kobe to this town.
A colorful color nails down my foot and mind.





そう、ここは、素敵な花屋さん。

Here is wonderful flower shop so.





甘い色の、唐辛子が、私を呼んでいる、
私を、家に連れ帰って。

辛さを、私は知っている。


Taking me to house and return where sweet color
red pepper calls me.

I know painful.





それにも、負けずに、私は、花を見続ける。
私は、花が好きなんだ。
私は、花に、愚痴を言うけれど、
花は、やさしく、私を見守ってくれる。
ああ、君と、一緒の世界に生まれて良かった。


I keep seeing the flower without being defeated even at it.
I like flowers.
The flower easily watches me though I say the grumble
to the flower.
Ah you may be born in the same world with you.





街には、ウサギも落ちているのさ。

もちろん、かぐや姫には、デートを申し込んだよ。
返事は、まだ先だけどね。


From loved ume tyan

      φ(.. ) The color has been faded in the town.