木曜日, 12月 25, 2008

デザートは、夢の続きを考えて

クリスマスイブは、楽しみましたか?!

すてきな、家族に囲まれて、一夜の夢の世界。
サンタは、きっと、君の前にいる。
みんなで、サンタの心を、分かち合い、
幸せを、世界に広げるのさ。
私達には、夢を繋いで行く責任があるからね。


そして、私は、前半のお料理で、
お腹がいっぱいになってたのに、
最後のスイーツは口当たりが良い生クリームが優しく、
お口の中を包んでくれた。


Did it enjoy the Christmas Eve?!

It is enclosed by a wonderful family, and a dream
at night world.
Santa is in front of you surely.
The mind of Santa in everyone is expanded and
the share it is ..the combination.., and happiness
are expanded to the world.
We have the responsibility of tying the dream.


And, the last Sets was gentle whipped cream with
a good mouth hit, and encompassed in the mouth though
was a dish I in the first half, and became full the stomach.




このティーはダーリンが選んだラベンダー
色に惚れたんでしょう!


This tea might have fallen in love with the lavender color
that the darling had chosen.





いいえ、それは、スターダストさんに敬意を評して、
ラベンダーティをお願いしたんだよ。


No, it criticized the respect to Stardust,
and asked for Lavender tea.





スケルトンなエレべーターと
南国のリゾート地の様な雰囲気のライトアップ。


With a transparent elevator and
Light of resort in the south.





座りごこちの良いソファーで、
来年の抱負でも考えている所です。

みなさんの家族に、幸せが来る事を祈りながら、
ベートーベンの交響曲第9番を、koussevitzkyの
ボストンシンフォニックオーケストラで聴いて、
年を越そうかしら。

今年も、みなさんの、たくさんの励ましや、
貴重なアドバイスは、とっても、嬉しかった。
そして、みんなのblogを訪問して、楽しい時間を、
いろんな場所を訪問出来た事を、私は、幸せに思います。

わたしは、多くのblogの友人を持てた事に、
感謝しながら、今年を締めくくります。

ありがとう、みなさん。
そして、来年のみなさんの、幸せを祈りながら...


In the sofa where sitting is good, next year's ambition is
a thought place.

Does Beethoven's symphony listen the ninth
in a Boston symphonic orchestra of koussevitzky,
exceed the age as the thing of which
happiness comes praying to the family of everybody or ..

A lot of encouragements of everybody and valuable advice
were very glad this year.
And, I think the thing that various places were able to
be visited to be happy at time happy to visit everyone's blog.

I finish off this year while having being our to express our
gratitude for the thing with the friend of a lot of blog be able.

Thank you everybody.
And, while praying for happiness ..not doing next year alone...


From loved ume tyan

(^_^)/~ As for the dessert,
      it thinks about the continuation of the dream.

木曜日, 12月 18, 2008

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの、素晴らしき歓迎

さあ、私達夫婦の結婚記念日の始まり
今年で、丸6年目になりました。

ダーリンが、山で遭難して、一晩、行方不明になって、
警察に捜索してもらったこと、
台風で、家や車庫のシャッターが、壊れた事、
前車のワゴンRが、古くなって、走行中に、
エンジンが止まったのが怖くって、
スバルのR2に乗り換えた事。
ううん、ろくな、思い出がないな。

だけど、いろんな事があった、6年だったわ。
インパクトがあるのは、悪い事ばかり、
これは、世の常なのかしら?!
もちろん、いい事も、たくさんあったよ。

愛車のスバルR2は、可愛く、
モカブラウンがよく似合う、
マッキントッシュのimacは、いつ見ても新鮮で、
ペンタックスのK100D SUPERは、
君が美しいと思ってくれる。

私は、彼らに、命を与え、
みなさんと出会えた事も、この中に含まれるね。


Now it became year sixth whole this year we of
married couples of the start of the marriage anniversary.

It is scared that the darling meets an accident in the mountain,
it becomes missing at night, it searched to the police,
and wagon R in the thing and the preceding vehicle where
the shutter of the house and the garage breaks because of
the typhoon becomes old, and the engine stalled while running,
and a thing transferred to R2 of Subaru.

No, satisfactory memories must exist.

However, it was six with various things years.
Is this eternal there is an impact of the world only
a bad thing or do?!
Of course, there were a lot of good things, too.

Mocha Brown lovelily suits Subaru R2 of the own car well.
Imac of Macintosh is fresh even if it sees when.
I think that you are beautiful of K100D SUPER of Pentax.

I give them the life.
The thing that it was possible to meet everybody is included in this.





それでは、前菜のサラダです。
私達のテーブルの横で、サラダと、ハムを、
取り分けてくれました。

酸味のあるドレッシングで、目の冴えるお味でした。


Then, it is a salad of the appetizer.
The salad and the ham were taken and divided
on the side of our table.


It was a taste that eyes are bright by acid dressing.






切り分ける前のこの物体は、
まるで、スイートポテトのようでしょ。


This object before it divides
.. of like way of sweet potato





ナイフも踊りながら、料理をお出迎え。

本日のメインディッシュは、スイートポテトなんかではなく、
パイに包まれたお肉、柔らかくジューシィー。

見た瞬間えっ?
ふしぎな物体だと驚きました。


The knife also meets the dish while dancing.

Today's main dish is meat encompassed by not the sweet
potato but the pie, and is soft and is Jushe.

Getting at seen moment?
When it was a mysterious object, I was surprised.





付け合わせのチンゲンサイが、
何ともいい役目をこなしてるね。

彩りが美しい。


The qing-geng-cai of the garnish digests an indescribably
good role.

Coloring is beautiful.





パイ包みを美味しそうに
引き立てているのがこのソース
バルサミコそんな感じだった

毎年この時期になるとお互いの、
感謝の気持ちを込めてディナーへ行きます。
でもプレゼントはないんですよ!
あったら★★★星三つあげちゃうのにな (^o^)v


The pie wrapping delicious
Favoring was such feeling of this Sorsbalsamico.

Each other when becoming this time of every year.
It goes to dinner to show one's appreciation.
However, there is no present.
They are three in the star in case of being.

From loved ume tyan

  (〃 ̄∇)」 Wonderful welcome of Kobe Oriental hotel

木曜日, 12月 11, 2008

IKEAから、神戸を込めて




みなさんありがとうございます。
大変、忙しい年末のひととき、
私の、blogを訪問してくれて。

それは、結婚記念日に、神戸に行った時の事です。

神戸にも、IKEAがあるのです。
組み立て家具が、フロアに、たくさんあって、
自分の家に似合う物を選ぶのに悩みますね。
メモか写真に撮っておくと、分かりやすい。

もちろん、色とサイズに、値段が、選択ポイントだわ。


Thank you for everybody.
Very, my blog is visited at busy time of the end
of the year.

When going to Kobe, it is a thing on the marriage
anniversary.

Also in Kobe, there is IKEA.
It worries to choose the thing that is on the floor
a lot of assembly
furniture, and suits my house.
It is comprehensible when taking in the photograph.
the memo

Of course, the price is a selection point in the color
and the size.





ここでは、スウェーデン料理を楽しみました。
シンプルで、素材の良さを、活かした料理。

もちろん、このあと、スウェーデン料理のレシピ集と、
ちょっとした買い物をして、IKEAを去ったのでした。


Here, it enjoyed oneself over the Sweden dish.
Dish that simply made the best use of goodness of material.

Of course, because a recipe collection and a little shopping
of the Sweden dish were done after this,
and IKEA had been left, it did.





神戸の街は、歴史と、未来を感じさせてくれる。
歴史のある建物を、再利用して、新しいショップで、
私達を招いています。
その歴史は新しく、古い。

建物は、私達の事を覚えていきます。
いつまでも、私達を見守ってね。


The town in Kobe feels the history and the future.
The building with the history is recycled,
and we are invited in a new shop.
The history is new, and old.

The building remembers our thing.
We are watched indefinitely.





クリスマスのイルミネーションは、居留地を照らし、
ロマンチックなムードを盛り上げて来る。

暖かい、ぬくもりを心の中に、とどめたまえ。

そんな、気分を感じながら、私を、すばらしい記念日へと、
誘いながら。


The illumination at Christmas shines on the residence ground,
and piles up a romantic mood.

Before having stopped warmth in the mind of it warm.

While inviting me to a wonderful anniversary
while feeling feelings ..
so...





結婚記念日のディナーは、今まさに、幕を開けた。
幸せな時間を、気付くことは、築くこと。
自分だけじゃないんだよ。
相手の事も考えよう。

また、この続きは、のんびりと、幸せを感じながら。


Dinner on the marriage anniversary exactly raised
the act now.
Build the awareness of happy time.
It is not only myself.
Let's think about other party's thing.

Moreover, while peacefully feeling happiness as
for this continuation.


From loved ume tyan

            (^o^) Kobe is put from IKEA.

土曜日, 12月 06, 2008

行き馴れた道を、歩けば

この間、植え付けたばかりのコスモスは、
いつの間にか、こんなに大きく成長しました!!
って、時期は、冬を感じているのですが。


The cosmos only of the digit with planting has grown up
before one is aware so greatly the other day.
Though winter is felt at and time.





いつも散歩とか、サイクルで
良く通る道なんですよ
季節ごとに花を植え替えて
四季を楽しむ事が出来る近くの癒しスポット
本当に良く育っている


Always at the cycle of the stroll
It is a road that passes well.
The flower is planted and substituted at each season.
It grows up well in a nearby healing true spot where
it can enjoy the four seasons.





左の建物はかもめをイメージしています
上の白い部分が『かもめ』ですよ
わかるでしょうか?


In a left building, is a white part to image the sea gull
'Sea gull' and?





椅子に座って一休み
休みになるとこの場所は
学生や市民の憩の場となっている
私もその一人で
魚(あじ)も意外と泳いでいるので
釣り人も多いですね
今晩の夕食になんてっ考えている人もいるかも。。。


It takes a rest sitting on a chair.
This place : when becoming a rest.
I who is student and citizens' ..rest.. places also : alone ..that...

There are a lot of those who fish because the fish (Pompano)
also is swimming unexpectedly, too.
How is there person who thinks in supper tonight, too?





週末を迎えて、私は、のんびりと、過ごせればいいのだけれど。
きっと忙しいのだろう。

今年は、何を私はしたのか考えながら、
振り返ってみました。

今年も、天気が不順で、自然の大切さを知る事が出来ました。
不思議な事だけど、何もなければ、気付かない。
私達は、自然の一部なんだね。

経済は、高騰と没落を繰り広げ、コントロールの難しさを、
見せました。

過去の歴史の教訓を忘れては、だめだね。

クリスマスまでもう少し、ラバーズコンチェルトでも聴きながら、
わたしは、時間を止めたいわ。


I on the weekend though I only have to be able to spend peacefully.

It might surely be busy.

It turned around while thinking what I did this year.

The weather was changeable, and it was able to know
the importance of nature this year.
It doesn't notice in a mysterious thing if there is nothing, too.
We are parts of nature.

Economy developed the sudden rise and the fall, and showed the
difficulty of the control.

When the lesson of a past history is forgotten, it is useless.

I want to stop time to Lover's Conceto a little more until Christmas
while listening.


From loved ume tyan


♪〜( ̄。 ̄)  If it goes and it walks on the road
           to which it becomes accustomed