土曜日, 12月 26, 2009

ウエイターさんは、正しくあれ




お待ちかねのディナータイムです。

前菜から、楽しませてくれた料理も、
キノコのヴルーテでは、濃厚であるが飲みやすく、
帆立貝とのマッチングも良く、
黒いキノコが、色彩に変化を与えてくれました。


It is dinner time that cannot be waited.

The dish that was able to be amused from
the appetizer also
In veloute of the mushroom, it was easy to drink,
and the mushroom that the match with the scallop
was good, and black mushroom gave the color
the change though it was thick.





神戸の夜景は、いつもと同じ様に輝いている。
それを、幸せだと、私は、感じます。
きっと、あの、明かりの下には、平凡がある。
幸せなのは、何もない事、
そう、平凡な事なのです。


The night view of Kobe always shines.
I feel it happy.
Surely, there is ordinary in that light under.
The happy one is a thing that not is,
and a so ordinary thing.





メインは、2種類から選ぶ事と成っていました。
私と、ダーリンで、別々のメインを選びました。
お皿の上では、ウエイターさんが、
それぞれの料理を取り分けてくれました。
とっても嬉しいサービスだわ。

ちなみにメニューは、バスク豚のロースト、
牛フィレ肉のグリエ。
とっても、柔らかくソースとのバランスが絶妙でした。


The main became a thing chosen from two kinds.
The darling and I chose a separate main.
On the plate, steward took and divided each dish.
It is service very glad.

By the way, the menu is Basquaise pig's roast,
and grille of the cow fillet meat.
Very, it was soft and the balance with the source was
exquisiteness.





ラムレーズンのソフトクリームと、パンプキンのプリン。
甘くって甘くって、心まで酔っぱらうね。

「other words.....」最後の言葉は、ダーリンが選んだ言葉。
この言葉には、2つの意味があると言っていたわ。

1つは、神戸がジャズの本場であり、ピアノの生演奏を、
聴かせてくれるということ。
何の曲か、私には解らないけれど?
ダーリンは、教えてくれない。
誰か、私に教えてね!!

もう一つは、私へのメッセージ。

こういうときのお皿のメッセージは、食べるべきなのか?
判断に困ります、私は、残したけど、
あなたなら、どうしますか!?


Soft ice cream of rum-soaked raisins and pudding
of pumpkin.
It is sweet, sweet, and it gets drunk on the mind.

"other words....." The last word is a word that
the darling chose.
It was said that there were two meanings in this word.

One is a home of jazz Kobe,
and listens to a piano live performance.
Do though I do not understand what tune it is?
The darling doesn't teach.
Someone is taught me.

Another is a message to me.

Should I eat the dish message of such time?
Do it embarrass with the judgment, and what do
I do if it is you though I left !?





お菓子のサービス、贅沢物の私は、チョコレートは、
全ての種類を1つずつ、いただきました。

マカロンは、どうするのか?
ウエイターさんに聞かれて、
私は、マカロンが、常に固い物だと思っていたので、
固いでしょって言ったら、
毎日、kitano clubで焼いているから、
柔らかいって言われました。

ウエイターさんが去った後、すかさず、
私は、マカロンを押したのさ。
ウエイターさんは、正しかった。
見事に、指先は、マカロンを押しつぶしたのでした。



今年も、多くの訪問、感謝しています。
私は、一人ではない。
コメントから繋がるBlogの世界。
Blogの最初の友人に、
Marvin and Jeannieと出会えたことは、既に幸運であり、
博学の友人を誇りに思います。
Maggie and Mitchの色の楽しさと優しさに、
Lorenzaのカラフルなドレスはかわいく、
スターダストさんの音楽の様な写真にはときめかされ、
Two Special Wiresの自然の風景には圧倒され、
....全ての友人は個性豊かに、
私に人生の素晴らしさを与えてくれる。

名前を書かれなかった人は、気を悪くしないでね。

世界の片隅である、日本の文化は深く、
私も知らない事が、遥かに多い。
もちろん、それ以上に世界の文化は、
多様であり続けるからこそ、世界は面白い。

来年も、ゆっくりとじっくりと、自然を旅して、
絵を描いて....Blogを書いて、
友人のBlogを訪問して行きたい。
出来たら、新しい友人にも出会いたいわ。

みなさん、ありがとうございました。


The chocolate got all kinds from the service of the cake
and me of a luxurious thing one by one.

How is the macaroon done?
It is asked by steward.
The macaroon always thought me to be a hard thing.
I said whether they were softness and was said
because it burnt with kitano club every day when saying,
"The macaroon was disliked in the steward because
it was hard".

After steward had left, I promptly pushed the macaroon.
Steward was correct.
Splendidly, because the tip of a finger had crushed
the macaroon, it did.



It wishes to visit many, and to have expressed
our gratitude by us this year.
I am not one person.
The world of Blog connected from comment.
To the first friend of Blog
Being possible to meet Marvin and Jeannie is already lucky,
and the friend of erudition is proud.
A colorful dress of "Lorenza" feels happiness and
the geniality of the color of "Maggie and Mitch",
and is fluttered, and is overwhelmed to the scenery
of the nature of "Two Special Wires" in the photograph
in which it is musical thought to be lovely of stardust.
All friends give in rich individuality and wonderful of
the life is given to me.

The person to whom the name was not written is not
ill-humored.

What of the culture of Japan that is out-of-the-way corners
of the world I do not deeply know either is far abundant.
Of course, the world is interesting any more because
the world culture keeps being various.

Slowly deliberately of next year, it travels around nature,
it wants to draw the picture, to write Blog,
and to visit friend's Blog.
When it is possible to do, I want to meet the new friend.

Thank you for everybody.


From loved ume tyan

              (^〜^) Steward is correct

水曜日, 12月 23, 2009

フラワーサークル お正月アレンジメント生徒作品



本日は、今年最後の開催となり、
こんなに沢山の人に、お集りいただきました。
ありがとうございます。


Today becomes the last holding this year.
Such a lot of people gathered.
Thank you.




こちらの作品は、Iさんがアレンジメントをして下さいました

Ms.I did the arrangement to a work here.




こちらは、Uさんの作品 流れる水引アートが印象的

Here is impressive the Japanese paper strings art of
Ms. U where the work flows.




Aさんの作品 重みのあるアレンジメントですね(^o^)v

It is an arrangement with the work weight of Ms. A.




Sさんの作品、水引アートが、すてきに光っていますよ


The work and the Japanese paper strings art of
Ms. S stand out wonderfully.




Nさんの作品、スタイルも細身な上に、
アレンジもスマートに仕上がりましたね♪


The arrangement finished smart the work of
Ms. N and the style, too. ♬




毎週、出席して下さるYさんの作品は、
丁寧で、まとまりのあるアレンジメントですね。


The work of Ms. Y who attends is a polite,
connected arrangement every week.





Kさんの作品
皆さん本当に、上手なんです。
まだ、BASIC(初級)なのにアイデア豊富で水引アートなど
テキパキとこなされておられます。


Work of Ms. K
You are truly good.
The Japanese paper strings art etc. are promptly digested
BASIC (beginner's class) abundant nevertheless ideas still it.




今日は、私(講師)が、セロファンを忘れてしまい
皆様には、大変ご迷惑をお掛けしました。
来年は忘れ物がないよう気を付けていきたいと思います。
では、生徒の皆様、来年もよろしくお願いいたします。

ごきげんよう☆


まだ、もう少しだけ、今年のBlogは、続くよ。


I (lecturer) forgot cellophane today and the trouble was
multiplied by everybody very much.
I want to take care there is no thing left behind next year.
Then, my best regards everybody and next year of
the student.

Cheerful♨


This year's Blog continues only a little more still.

From loved ume tyan

(^^)v Arrangement student work at flower circle New Year

火曜日, 12月 22, 2009

ハートのキャンドルデコレーション



ビニールで出来た花柄のラッピングペーパーで、
白いコンポートを輪ゴムで止めて


In the wrapping paper of the floral print that can be
done with the vinyl,
a white compote is stopped with the rubber band.




お花を挿したら、こんな感じ、
枝は、ハートの形に見立ててあるのですよ。
中央にはローソクが置いてます。


It shaped when putting it the flower ..so...
The branch is in the shape of the heart.
The candle puts it on the center.




こんなローソクで、りんごも挿してあります
火を、灯すのがもったいないな〜


It is such a candle, and there is an apple, too.
It is wasteful to light the fire.




このままでもOKよん、いけてるやん。
それは、逆さのタコみたいだわ。

It is OK as it is.
Goooooood jobbbbb.
It is a inverted octopus.




ようやくローソクを発見、
そのせいか、お花を挿す面積が少なく
四苦八苦。
ピンク色の淡い色調のコーディネートが新婚時代
を思わせる〜♥

ダーリン照れるやんの一言


At last, the candle is discovered.
The..probably because of.The area in which the flower
is put troubles few.
The coordination of the tone with light pink color thinks
of newly-married days. ♡

A word of darling "It is shameful".





あ〜今宵テーブルに、このアレンジメントを置いて
プチクリスマス、ダーリンと二人で開こう。
皆さんも大切な人と家族と楽しいクリスマスの、
ひとときをお過ごし下さい。
では、ごきげんよう。


AHHH.
Let's put this arrangement on the table tonight and open
by the darling and two people at petit-Christmas.
You also must spend happy time of Christmas with
an important person and the family.
Then, everybody and cheerful.

From loved ume tyan

            ・_・Candle decoration of heart

金曜日, 12月 18, 2009

クリスマスアレンジメントの生徒作品



今回からお花の教室UME FOUNDATIONへ通って下さる
生徒さんのアレンジメントの作品を公開させてただきます、
おつきあい下さいませ♡
こちらはNさんの作品、配置、配色バランス良く挿せて
いただいておられますね♪


It passes to classroom UME FOUNDATION of the flower
this time.
Please associate the work of student's arrangement
opening to the public ..holding... ♥
Here is the work, arrangement, and the arrangement
of color balance of Ms. N ..improving.. ♬





これはSさんの作品、この方は、
いつも丁寧に、アレンジをしてくださいます。
今にも咲きそうなユリの開花が、楽しみですね。


The work and this person of Ms. S.
This arranges it always politely.
The flowering of the lily that seems to be going to bloom
at any moment is the enjoyment.





Kさんの作品、プリザーブドフラワーと併用で、
入会して下さった方でワイヤリングなど、
すいすいとこなしてくれます。


Wiring is lightly made from the person who joins by the work,
the preserved flower, and using together about Ms. K.





Yさんの作品、まじめに取り組まれて、
本当に励みになりますね
次回も、すてきな作品をお願いします。


It is a work of Ms. Y.
It works seriously, and it encourages it really.
Remarkable piece of work next time, please.





Iさんの作品、少し遅れて来られましたが、
ものともせず、まとまりの良い作品に、
仕上げていただきました。

皆様ご参加ありがとうございます。
次回の教室の開催は、23日です☆お楽しみに!


It finished it up in the work that it worked hard,
and the settlement is good though it was possible to
come delaying ..work.. a little of Ms. I.

All thank you for the externals participation.
Holding the next classroom is the 23rd.


From loved ume tyan
  (^^)  Student work of Christmas arrangement

金曜日, 12月 11, 2009

結婚記念日のKITANO CLUBへの道のり




今日は、特別な日。
結婚記念日のディナーを、楽しみに神戸の街へと、
出掛けたのでした。
街は、少しだけ秋の雰囲気を醸し出し、
人の多さは、秋だという事を、忘れさせてくれるのさ。
私は、神戸の魅力に引き寄せられながら、
雑貨屋や、ファッション、街の景色は、
ディナーの時間までに、私の心を、
よどみの無い物にしてくれるでしょう。


It is a special day today.
It did because it had gone out to the town in Kobe to
enjoy oneself over dinner at the wedding anniversary.
The town causes the atmosphere of autumn only a little.
The thing that many of the person are autumn is forgotten.
The general shop and scenery in the fashion and
the town will ..dinnertime.. make my mind a thing without
stagnation while being drawn me to the charm of Kobe.





異人館へと続く坂は、私の好きな坂。
歩きながら考える事がある。
私は、神戸に住みたいな!
毎日でも、神戸を歩く事が出来る。

そして、北野坂から見る神戸の景色は美しく、
夜景は忘れ去られた、私の時間を巻き戻しながら、
明日へと続く、長く短い時間を繰り返す。


Slopes that continue to Ijinkan(former residences of
early foreign settlers) are my favorite slopes.
There is a thing about which it thinks while walking.
Do not want to live in Kobe by me.
It is possible to walk in Kobe even every day.

Scenery in Kobe seen from the Kitano zaka(slope) is
beautiful, and and, the night view was forgotten,
continues to tomorrow while rewinding my time,
and repeats a long, short time.





夜のライトは静寂であり、KITANO CLUBの、
これから続くロマンチックなディナーを予感させるのには、
充分な風格を思わせてくれた。


KITANO CLUB ..silence it... the light at night
To have a presentiment of a romantic dinner that would
continue in the future, it thought of an enough distinctive
character.





待合室では、炎と間接照明によって、
歴史と調和のとれたインテリアと、
建物の構造である花のモチーフを照らしながら、
柔らかで暖かみのある空間作りが、
私をリラックスさせたのでした。


In the waiting room, because the space making it was soft
and with warmth while shining on the motif of the flower
that was the structure of the interior and the building that
the history and harmony were able to be taken by the flame
and the indirect lighting had made me relax, it did.





手を拭きながら、のんびりとすることの幸せは、
絵画を見る楽しみと似ているね。

そっと、続きを考え、空間は時間を飛び越え、
何をしたいのかさえ、失わせてくれる。

そう、今の私には、必要な事なの...。


The happiness of a calm thing ..painting.. looks like
the viewing enjoyment while wiping the hand.

It thinks about continuation, and quietly, the space jumps
over time, and loses what you wanting even do.

Necessary thing for me today so

From loved ume tyan

  (^<^) Way to KITANO CLUB at wedding anniversary

水曜日, 12月 02, 2009

しばらくの時間は、勉強に預けています




しばらくblogを、お休みにしていていましたが、
みなさんの、コメントを見ていて、私は、幸せで、
すてきな友情を、感じています。
後で、必ず訪問しますので、しばらくお待ち下さいね。

私の住んでいる場所では、所々に、紅葉が見る事が、
出来るようになってきました。


I feel a happy, wonderful friendship because I see
the comment of everybody though I made blog a rest
for a while.
It visits without fail, and wait for a while, please later.

It has come to be able to do what the autumn tint sees
in some places in the place where I live.





そして、私が、今、何をしているのかをいうと、
以前から、絵を描きたいなと考えていて、
なかなか決断が出来なかったけれど、
ついに、念願のBAMBOO ART MASTERという、
タブレットを手に入れる事が出来ました。

このタブレットには、Macのソフトとしては、
Coral Painter Essentials 4と、
Adobe Photoshop Elements 6が、
付属しているので、ソフトとしての期待も大きかったのです。


And, the tablet named BAMBOO ART MASTER of
the wish was able finally to be obtained though it was
not possible to determine easily because I wanted to
have drawn the picture since before when what
I was doing now was said.

In this tablet, because Coral Painter Essentials 4 and
Adobe Photoshop Elements 6 were attached, the expectation
as software was also great as the software of Mac.





BAMBOO ART MASTERの特徴のガイドブックを見て、
勉強して行くのに、私は、自分のスケジュールを、
調整する必要もあったのです。

先ずは、ガイドブックを参考にし、
Coral Painter Essentialsを使い、
タブレットとソフトを理解することから始まりました。


To see the guide book of the feature of BAMBOO ART MASTER,
and to study, I had to adjust its schedule.

First of all, it started from the understanding of the tablet
and software by using Coral Painter Essentials referring
to the guide book.





いろんな機能を、試してみましょう。
写真から、イラストに自動的に変換してくれるのが、
面白いです。


Let's test various functions.
Automatically converting it from the photograph into
the illustration is interesting.





もちろん、自動的に変換してもらった後は、
自分で、レタッチしていきます。
思った通りに書けないけれど、新しい事に、
常にチャレンジして行く事を、私は、恐れない。
何もしないでいるのは簡単だけど、進歩がないからね。

だけど、新しい事をする時には、必ず問題が出て来る。
Adobe Photoshop Elements 6の、
インストールが出来ない事です。
タブレットサポートセンターに連絡して、
対応していただいたのですが、
残念ながら解決しませんでした。

後で、私が、解決するしかない問題ですが、
Checking operation result for
{8cec782a-3a7a-4f34-8452-78d05847efa2}
Adobe Asset Services CS3
[ 0] Tue Nov 24 21:27:41 2009 ERROR
Skipping operation because required operation failed with code: 2
という、メッセージが出てインストールが
エラーになっています。

ゆっくりと、解決策を考えながら、
人生を楽しむ事、まだまだ、忙しい日は続きますが、
たまには、息抜きも必要だわ。


Of course, after it automatically converts it,
it is a retouch in me.
It is feared to always challenge in a new thing and
doesn't fear me though it is not possible to write as thought.
Not doing anything easily has advancement.

However, when a new thing is done, the problem is
always brought up.
It is a thing that Adobe Photoshop Elements 6
cannot be installed.
To our regret, it did not solve it though it contacted
the tablet support center, and it corresponded.

The message "Checking operation result for
{8cec782a-3a7a-4f34-8452-78d05847efa2}
Adobe Asset Services CS3
[ 0] Tue Nov 24 21:27:41 2009 ERROR
Skipping operation because required operation failed with code: 2"
appears and the installation is an error though
I later am a problem that can do nothing but be solved.

Slowly, while thinking about the solution
It is necessary to rest occasionally though a thing to
get enjoyment out of life and a still busy day continue.


From loved ume tyan

    m(_ _)m  Time has been entrusted to study for a while.

日曜日, 11月 08, 2009

横道に逸れる事は、新しい明日を作るものさ




いい、気候になったね。
自転車の季節の到来だわ。

道は、未知に通じる。
日頃、住んでいる場所の近くには、全く知らない場所が、
あると思う。
その場所を知らなくても、生活はできる。
しかし、ちょっとの好奇心は、自らの力で、
新しい明日を教えてくれる。


It became a good climate.
It is a coming of the bicycle at the season.

The road runs in the unknown.
I think that there is a place doesn't know at all near
the place where it lives always.
Even if it doesn't know the place, it is possible to live.
However, a little curiosity teaches new tomorrow
in own power.





山の紅葉は、まだかしら。
探しに行っても、見当たらないわ。
まだ、早いってことかしら。

赤いかわいい実を見つけました。
名前を、知らなかったので、調べてみたら、
サネカズラと呼ぶんですって。

知識は、後から付いて来る、
そして、忘れる事は、それ以上である。
1週間もしたら、名前は忘れちゃうんだろうな。


The autumn tint of the mountain is still oaks.
It is not found even if going to look for.
It is early still.

A red, lovely truth was found.
Because it did not know the name, it prints by calling
Kadsura japonica when examining it.

Knowledge adheres later.
And, the forgotten thing is any more.
The name will be forgotten in one week.





ume tyanの尻尾を見つけたよ。
これは、野鶏頭。
要するに、野良の鶏頭だわ。
野良の尻尾は、まさに、ume tyanのものさ。


The tail of ume tyan was found.
This is a jungle fowl head(Celosia argentea).
In short, it is a cockscomb of the field.
The one of the tail of the field of ume tyan exactly.





伊勢の森は深く、いにしえの時と空間が残されている。


There is deeply a forest in Ise and the time of getting
and the space have been left.





伊勢の森神社は、森を守る為に作られたのかしら?
山の上に作った神社は、先人達の魂を受け継ぎつつ、
未来へと続く人々に、希望と夢を託しつつ。
「しっかりしろ、今の人々。」なんて事、
言われそうだわ。


To defend foresting, was the forest Shinto shrine in Ise built?
The Shinto shrine built on the mountain : entrusting people
who will follow succeeding predecessors' soul in the future
with hope and the dream.
It seems .."Be steady, and people today".. ..thing.. to be said.





瓦や建物は、大切に保存されていました。
屋根には、接ぎ木をした跡もあった。

木に彫られた、狛犬や、雲を見ながら、
見るべき物は、なるべく早く見ておかなければ、
いけないと感じたのでした。

ますます忙しくなった、我が身。
しばらく、blogを休む事にしました。
いつもblogを見てくれる、友人には、申し訳ございませんが、
12月頃には、戻って来れるでしょう。
その時まで、みなさん、さようなら。
次回、会う時にも、仲好くして下さいね。

すてきな明日は、あなたとともにある。


The tile and the building were importantly preserved.
In the roof, there was a grafted mark, too.

It was carved for the tree, and because the thing that had
to be seen while seeing the image of Korean dog and
the cloud had been felt to have to see as early as possible, it did.

My body that became busy more and more.
It made it to the thing taking a rest from blog for a while.
I am sorry, the friend who sees blog will always return
in around December.
Good-bye at that time ..everybody...
Next time, when meeting, it does happily.

It is with you wonderful tomorrow.


From loved ume tyan

(^_^)/~ The one of the thing that misses to the sideway
   to make new tomorrow.

土曜日, 10月 31, 2009

オータムカラーマジック




オータムカラーマジック

その言葉は、私に、季節の魅力、
毎年、やってくる自然の、余興を感じさせる。
ロマンチックな色彩は、私に、冬に備えての、
勇気と希望の光を与えてくれる。
なんて、自然は、やさしいのでしょう。
大きな魂の存在を、ふと、思う時が、
私には、確かにあるわ。


Autumn Color magic.

The word is a charm of the season in me.
I feel the entertainment of the coming nature every year.
A romantic color gives me the light of courage and hope
in preparation for winter.
Very, nature is gentle.
I certainly have time when it thinks of the existence of
a big soul.





スターダストさんのリクエストにお応えして、
フラワーアレンジメントの特集をしましょう。

以前、作った作品を、ソフトにアレンジメント。
花には、蝶と、笑顔が似合う。

まあ、冗談は置いといて。

ポイントは、バラの花びらの色。
深紅と、ピンクの交互に、
プリザーブドフラワーの花びらを、重ねていきます。


Let's feature the flower arrangement in response to
the request of stardust.

As for the made work, it is an arrangement
in software before.
The smile suits the flower with the butterfly.

Oh dear the joke

The point is a color of the petal of the rose.
The crimson and pink alternately
The petal of the preserved flower is piled up.





どんな色に見えるかな?
プリザーブドフラワーで、
黄色のあじさいと、紫のバラを使った、アレンジメント。
写真に、少し色彩と光を変えれば、
少しは、良い作品に見れるわ。

寒さも、増して来たわね。
季節の変わり目、みなさん、風邪には気を付けて、
そして、暮れ行く秋の季節を、存分に感じましょ。

時は、瞬く間に、過ぎて行く。
昨日は、今日。
今日は、明日。
今が、全ての時間の、始まりであり、終わりである。
ああ、毎日、忙しいね。


As what color do you see?
With the preserved flower
Arrangement that uses yellow hydrangea and purple rose.
If the color and light a little are changed, it is possible
..good work.. to see a little in the photograph.

The cold has increased, too.
It takes care about everybody of the season at the turn
and the cold, and . at the get dark season of autumn
..feeling without reserve...

Time passes in less than no time.
Yesterday is today.
Today is tomorrow.
It is a start of all time now, and it ends.
Ah it is busy every day.
From loved ume tyan

            (^^;) Autumn Color magic.

土曜日, 10月 24, 2009

ミステリィサークルとume tyanの対峙




時の経つのは、早いものだ。
あんなに、暑い日が、嘘の様に、寒くなったわ。
風邪や、インフルエンザには、気をつけなきゃね。

さて、ume tyanの背中を、追いかけて行きましょう。


It is the early one that time passes.
So, a hot day became cold like the lie.
It take care about the cold and influenza.

Well, let's run after the back of ume tyan.





朝になれば、朝ご飯が待っている。
素晴らしき、幸せな時間の始まりです。


Breakfast waits if the morning comes.
It is a start of a wonderful, happy time.





もっとも、朝ご飯の優先順位の方が、
私より高いという事を、
毎日、思い知らされる訳ですけど。


However, in the translation that it is made learning
the thing that the priority level of the breakfast is
higher than that of me every day.





キンモクセイの花は、香しく、
ここに、ume tyanの匂いを消し去るのでした。

The sweet osmanthus flower fragrantly:.
Because fragrant of ume tyan was put out here, it did.





夕方には、散歩が待っている。
ミステリィサークルになった、台風の後の畑は、
まるで、ume tyanの背中を見ているような姿に。

お米は、大丈夫だったわ。


The stroll waits in the evening.
The field after the typhoon becoming a mystery circle to
the appearance like seeing the back of ume tyan.

Rice was safe.





夜の帳は、早く。
夕焼けは、美しい姿を見せようと、
躍起になって、やってくる。

月は、それを見ながら、悠然と歩いて行く。
わたしも、のんびりと、月でも見ながら、
音楽でも聴こうかしら。

どんな、曲がいいかな?

It is early that the night shuts.
The evening glow comes to show a beautiful appearance
in hot haste.

It walks calmly on the moon while seeing it.
Will I also peacefully listen to music also in the moon
while seeing or ..

What like the music tune?


From loved ume tyan

      (+_+) Mystery circle and facing of ume tyan