金曜日, 1月 30, 2009

大阪城の変わった木




このところ、私のインターネットは、回線トラブルを、
抱えています。
ちょっと、毎日の憂鬱は、勘弁してほしいわね。


Lately, my Internet holds the line trouble.
As for the melancholy of every day, I want you to pardon
it for a moment.





私は、大阪に出掛けてきました。
フラワーアレンジメントの講義と、実習に行っていたのです。

そこは、大阪城が、近くに見えました。
しかし、レンズを通してみると、小さく見えます。
どうか、私に、望遠レンズを送って下さい。
そうすれば、私の変わりに、レンズが大きく見せてくれるわ。


I have come out in Osaka.
It went to lecture and to practice the flower arrangement.

It saw there so that the Osaka castle was near.
However, when the lens is passed, it looks small.
Please send me the telephoto lens.
The lens shows it greatly my change if it does so.





まあ、そんな冗談は、放っておいて、
近くには、もっと、いい物があるわ。
おいしかった、煮込みハンバーグ。

雪が、ちらほら降る中で、見つけたホテルには、
暖かさと、体を温める食事がありました。


Oh dear, such a joke is left, and there is a good thing more
to be near.
Delicious cooking hamburg steak.

The snow was and there was a meal that warmed warmth
and the body in the found hotel while falling here and there.





スープは、具が沢山入っていたわ。

Soup had a lot of tools.





大阪城の木は、変わっているなって、思っているのは、
私だけなのかしら!

いいえ、鳩も不思議に眺めている。

2月も目前だけど、このごろ、写真を撮るのが、
少なくなっているわ。

季節が良くなったら、写真をたっぷりと撮りたい!
私には、希望、誘惑、夢がある。
そして、足りない物は、時間です。

素晴らしき人生には、選択肢が多く有り、
何を選ぶのかも自由である。
進むべき道は、自分で探すのもよし、
友と歩むのも、またよし。
楽しい時間が、きっと待っている。


It is to think the change because it becomes it
..only it is me... the tree in the Osaka castle

No, the pigeon also is mysteriously looking at.

Being take this furnace and photograph in the near future
in February has decreased.

When the season improves, I want to take
the photograph enough.
I have hope, the temptation, and the dream.
And, an insufficient thing is time.

In a wonderful life, there are a lot of choices,
and it is free what you choose.
Walking of look for for myself good on a road that should be
advanced with the friend is good again.
Happy time waits surely.


From loved ume tyan

       (~_~;) Tree into which Osaka castle changes

木曜日, 1月 22, 2009

大黒天の、おっしゃるとおり




来週は、旧正月ですね。
日本では、残念ながら、旧正月よりも、お正月を祝う場所が、
多いです。
だけども、神戸でも、中華街では、旧正月を祝います。
多くの爆竹や、獅子舞の風景が見れて、
とっても賑やか、時間があれば、旧正月を楽しみたいわ。

お正月と言ったら、私が初詣に行った、
淡路七福神のひとつ、八浄寺。
八浄寺では、財の神様の大黒天を奉っています。

財産という事で、今日は、ちょっと経済を語ってみようと、
目論んでいます。
まあ、読む読まないは、自由だけどもね。


Next week is Chinese New Year.
To our regret, in Japan, the place where the New Year is
celebrated is more than Chinese New Year.
However, it has and Chinese New Year is celebrated also by ,
Kobe in the Chinatown.
The scenery of a lot of firecrackers and shishimais can be seen.
I want to enjoy Chinese New Year if there are very lively and time.

One and saying as the New Year is eight Ge of
the Awaji seven gods of good fortune whom
I did to the New Year's visit to a shrine.

In Hatijyouji, Daikokuten of the god of the fortune is revered.
It plans it by the thing of property to talk about economy for a
moment today.
Oh dear, .... , is free ..reading.. ..reading...





私は、経済危機は、チャンスだと思います。
そこには、価値観の変革が待っています。
そして、企業を選ぶ為の、選択が始まったと感じます。

不況になったからって、人を人として扱わない企業の製品
を買おうとは、思いません。
その製品には、脈々と続く、信用というものが、
失われてしまったからなのです。

必要があれば、借りればいい。
常に必要な車は、私みたいに田舎に暮らす人だけで良い。
出来たら、石油より、太陽エネルギーで動く車がいいわ。

大型の店舗に行く必要があるのか、
あったとしても、2回も行けば飽きる。
どうして、作られた娯楽は、すぐ飽きるのだろう?


I think that an economic crisis is a chance.
The revolution of sense of values waits there.
And, it is felt that the selection to choose the enterprise started.

I do not think that it buys the product of the enterprise
that doesn't treat the person as a person as a recession.
It is because the confidence that continues incessantly
has been lost by the product.

It only has to borrow if there is a necessity.
A necessary car is always only a person who lives
in the country and is good for my.
When it is possible to do, the car that moves by solar energy is
better than oil.

It is necessary to go to a large-scale store or it goes twice even in
case of being and it gets tired though it doesn't know.
The made amusement might get tired soon why.





飽きない事は、すばらしきこと。
そこには、普遍で永遠の真理がある。
素晴らしき事は、毎年の時間に変化がない事。

私は、物質文明と、精神文明の境にある、
日本の千年の歴史を感じながら...

毎回、こんな事を、書いていたり、
読んだら疲れるけれど、少しは勉強の必要があるからね。

そんなことより、blogの訪問が遅れてごめんなさい。


The thing not getting tired must be wonderful.
There is universally an eternal truth there.
A wonderful thing is a changeless thing in time of every year.

I while feeling the history of Japan in 1000 in the boundary
of a material civilization and a mental civilization.

Every time, such a thing is being written.
It is necessary to study a little when reading though it becomes
tired.

I'm sorry that the visit to blog is delayed behind such a thing.


From loved ume tyan

               (-_-;) As Daikokuten says

土曜日, 1月 17, 2009

平成7年1月17日




平成7年1月17日、
阪神淡路大震災がおこった日でした。
あれから、14年、まだ、私の心に残っているのは、
瓦礫となった、建物の数々、失われた人々の命。

あの日を思い出しながら...
何か、変わったか!?
希望を感じながら、大切に...
明日を信じながら...


January 17, 1995
Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake was a absorbed day.
It is a life of lost people a lot in the building became toles and
pebbles that has still remained of that in my mind for 14 years.

While recalling that day.
Did you change ..something..??
It is important as hope is felt.
While believing tomorrow.

月曜日, 1月 12, 2009

ume tyanからの、新年の挨拶




風が強い日曜日、注文していた、DVDプレーヤーが、
到着しました。

iMacの内部も美しく、DVDプレーヤーの交換をして、
隠してあるのが、もったいないと思ったわ。

さすが、Apple、内部まで、こだわっているって、
こんなこと書いてる場合じゃないな。
ようやく、音楽が聴ける様になったんだ。

そういえば、ume tyanからの、新年の挨拶が、
まだ、だったね。
もちろん、元気にしています。


The DVD player who had been ordering arrived on
Sunday when the wind was strong.

I thought that beautiful the inside of iMac,
too exchanging DVD players,
and being concealed it were useless.

It is time when even neither Apple nor the inside is
these kind of things book perfection though it is
made to do.
At last, to listen to music, it became it.

Incidently, the greeting at the new year from
ume tyan is still.
Of course, it keeps energetic.





空には、大きな雲が、今や遅しと、
雪が降るのを待っているのでした。


Because a big cloud waited to snow impatiently in the sky,
it did.





ume tyanは、何事も無かったかのように、
今年も、未来を見つめていました。

その姿勢は、私も見習う必要があるわね。

前を向き、後ろ足を、しっかりと地面に付けて、
いつでも、逃げる準備をすること。

もちろん、ume tyanの願いは、おいしい食事と、
適度な散歩。

それ以上を、望むなら。
可愛がられる為には、ume tyanの根性曲がりを、
直す必要があるんだけれどもね。


Ume tyan looked to future as if there was not what either
this year.

I should also learn the posture.

Always prepare it ahead firmly putting up the direction
and the hinder leg to ground. run away

Of course, delectable meal and it strolls to the wish for
ume tyan moderate.

If you hope any more.
It is necessary to mend the spirit bending of ume tyan
so that it is cherished.


From loved ume tyan

      (^_-)☆ Greeting at new year from ume tyan

火曜日, 1月 06, 2009

初詣に、私が託した事




みなさん、クリスマスから、お正月まで、家族との時間を、
大切に過ごしましたか?
そういえば、世界のお正月って、日本とは、違うわね。
どんな、お正月なのか、とっても、興味深いわ!!
後で、教えてね。

それでは、わたしは、日本のお正月を、紹介しましょう。

今年は、良い年であります様に。
初詣は、近くに有る、東山寺へと、出掛けて行きました。

新年早々に、新聞を間違って配達されたのは、
何か良い事の前兆の様でした。

しかし、iMAC G5でCDを聴こうとしたら、
CDドライブが壊れて、CDが中に入ったままになりました。

保証期限が切れた、コンピュータには、つらい幕開けだわ。


Was time with the family importantly spent until
the New Year at everybody and Christmas?
Incidently, it is different from Japan at the New Year
in the world.
It is very interesting what New Year it is.
It teaches later.

Then, I will introduce the New Year of Japan.

This year must be a good year.
The New Year's visit to a shrine went out to the
Touzan(east mountain) temple that was to be near.

Be of the mistake of the newspaper and the delivery
a new year at the beginning like the sign of some good things.

However, when listening to CD with iMAC G5
The CD drive broke, and CD became remaining entering
on the inside.

It is painful beginning of event for the computer when
the warranty period cut.





こんな、不幸な私に、捨てる神あれば、拾う神あり。

もちろん、今年も、東山寺大根を、頂きました。
この、大根には、厄よけの効果があるのです。

きっと、私に、幸運を与えてくれるでしょう。


There is ..picking up.. god if such I unhappy have the god
..throwing away...

Of course, I got the Touzan temple radish this year.
In this radish, the calamity is effective of disregarding.

Surely, luck will be given to me.





今より、250年以上前に作られた、鐘。

除夜の鐘として、私の耳に心地よい響きと、
煩悩の退散を告げてくれます。


Bell made 250 years or more ago now.

A comfortable sound and fleeing of the evil passion are
reported to my ear as a watch-night bell.





願い事は、少しにしよう。
ただし、大きな事だけだよ。
神様も多くの事を聴いたら、忘れてしまうかもしれないからね。
そして、自分だけの幸福を、祝う事は、私の主義に似合わない。
何を、祈ったのかは、それは、秘密。
神様との約束だから。


Let's wish a few.
However, it is only a big thing.
If the god also listens to a lot of things, it is likely to forget.
And, celebrating one's own happiness doesn't suit my principle.
For what did you pray, and it is secret.
Because it is a promise with the god.


From loved ume tyan

  (゜_゜) Thing that I entrusted New Year's visit to a shrine

木曜日, 1月 01, 2009

2009年の目覚め




あけまして、おめでとう、ございます。

Congratulations, Happy New Year 2009.





『1年の計は、元旦に有り』と言いますが、
私にとって、今年は、どんな1年に成るのかな!?

期待を持って、挑みたいと思います。
そして、みなさま、ことしも、よろしくお願いします。


What one year do it become for me this year though it is said,
'There is total of one year on the New Year's Day' !?

I want to challenge with the expectation.
And, my best regards everybody and this year.


From loved ume tyan

             (^^)/// Awaking in 2009