金曜日, 2月 27, 2009

ちょっと、いい写真が無いのよ

さあ、もうすぐ3月だね。
春を感じに、外に出よう。

そう思いながらも、私は、忙し過ぎて、
外で写真も撮っていないな。
それで、今回は、写真が無いのです。

それで、ふと思ったんだけれども、
いつもの私が、blogを書く時のスタイルでも、
書きましょう。

最初に、写真を、ピックアップして、
写真のサイズを800×600ピクセルに小さくします。

写真を、bloggerにアップロードして、
そういえば、この写真を撮った時には、
こんな事言っていたな、
おもしろかったな、などと思い出しながら、
文章を書き始めるんだ。

そして、英語に翻訳して、完了です。

それにしても、写真が無いと、寂しいな。

梅の季節だというのに、梅の写真も欲しいね。

すてきな、春の訪れだけど、花粉症の私には、つらい季節。
雨の空、季節も、私も、ゆっくりと明日に進んでいく。
たとえ、毎日が、何も無い日であろうとも。
君は、どうしているんだろう。
気に掛かりながら。
私は、blogを書いていく。


Now it is March soon.
It ..feeling.. goes out of spring.

I must be too busy, and be taking the photograph outside
though think so.
And, there is no photograph this time.

And, though it thought suddenly
I the usual will write the style when blog is written.

The photograph is picked up first.
The size of the photograph is reduced to 800×600 pixels.

The photograph is up-loaded to blogger.
When this photograph is taken, it says, it was interesting,
and begins to write sentences while recalling it such a thing.

And, it translates into English, and completion.

However, be not lonely if there is no photograph.

I want the photograph of the plum tree in spite
of the season of the plum tree.

It is painful for me of hay fever seasonal visiting at the time
of which it is wonderful in spring.
The sky, the season of rain, and I will advance slowly tomorrow.
Every day even though the day with nothing, too.
You might be why.
While anxious.
And,I write blog.....


From loved ume tyan

      (;o;)  There is no good photograph for a moment.

木曜日, 2月 19, 2009

バレンタインの昔話




今年も、ヴァレンタインには、チョコレートが、
多く集まりました。
しあわせな時間だね。
これから、チョコレートを美味しく食べれるものね。
そして、手作りケーキも、頂きました。


A lot of chocolates gathered in Valentine this year.
It does and while time ..put together...
The one that it can eat chocolate delicious in the future.
And, I got a handmade cake.





今日は、私と、ヴァレンタインについて、考えてみましょ。
ヴァレンタインといえば、愛ですね。
愛と言えば、私が、好きな人について、書いてみます。


About Valentine and me of today, . ..the idea...
As for Valentine, it is love.
I write about a favorite person if it is said that it will love.





私は、イギリスや、アメリカを好きなのには、訳があります。
それは、20年くらい前の昔話。

クラシックの音楽のCDを買った時に、
私は、圧倒的な、音楽の吸引力、
ダイナミックな響きに引かれて、
彼のファンになったのです。


I have the reason why it likes Britain and United States.
It is the previous legend by about 20 years.

When I bought CD of the music of classics,
I was pulled to a suction power of overwhelming music
and a dynamic sound, and became his fan.





彼の名は、Sergei Koussevitzky。
指揮者として、BBCやボストン交響楽団を世界屈指の
楽団に育て上げた事。
また、数々のクラシック音楽の、作曲委託を行なったことで、
知られています。
そして、多くの音楽家が、彼の元から育っていきました。
バーンスタイン、ルーカスフォス、ウイリアムカペル、
彼らとの演奏に奇跡を感じ、
私は、驚きを隠す事が出来ません。

残念ながら、日本では、彼のCDは、販売されていなかったのです。


His name is Sergei Koussevitzky.
Thing to bring up BBC and Boston Symphony Orchestra
to the best band in world as conductor.
Moreover, it is known by having done the composition consignment
of a lot of classical musics.
And, a lot of musicians grew up from his origin.
The miracle is felt in the performances of Bernstein, Lukas Foss,
William Kapell, and them, and I cannot hide one's surprise.

To our regret, his CD was not sold in Japan.





彼のCDは、イギリスや、イタリア、フランス、アメリカの
メーカーで販売されていたのです。
その昔、インターネットが普及していない時代、
私は、通信販売で彼のCDを手に入れるしか、
無い時代の事でした。


His CD was sold in the manufacturer in Britain, Italy,
France, and the United States.
It was an age when the Internet was not widespread,
and an age when I had only obtaining his CD
by the mail order in the old times.




MONA AND THE MOMMY、ありがとうございます。
私は、インターネットの時代に、感謝すると同時に、
驚きさえ感じる事が出来ました。

もちろん、私の友人である、Marvin and Jeannie,Simba,Eric,
Bae Bae,Maggie and Mitch,Lorenza,Stardust,Kathryn and Ariに
捧げたいと思います。

こんな、どうでもいい、趣味の昔話につきあってくれて、
ありがとうございます。
いつもの、私の会話を、知る機会になってもらえたら、
嬉しいです。

コンピューターは、空間を超え、時間をさかのぼり、
そして、友達を与えてくれた。

私は、友達との、会話を毎回、とっても、楽しみにしています。

きっと、友達も、そう思っていると、私は、感じています。
だから、私は、時間がある限り、
ゆっくりと、訪問をしていきたいと思っています。


Thank you for MONA AND THE MOMMY.
I felt even the surprise at the same time as our having being
to express our gratitude in the age of the Internet.

Of course, I want to dedicate it to Marvin and Jeannie, Simba,
Eric who is my friend, Bae Bae, and Maggie and Mitch,
Lorenza, Stardust, and Kathryn and Ari.

Thank you for being about such a trivial legend of the hobby.
My conversation is glad always if it is possible to become
an opportunity to know.

The computer went back time exceeding the space,
and gave the friend.

I am looking forward to the conversation with the friend
very much every time.

Surely, I feel that the friend also thinks so.
Therefore, I : as long as there is time.
Slowly, I want to do visitorial.


From loved ume tyan

              (-_^)  Legend of Valentine

木曜日, 2月 12, 2009

バレンタインの提言




暖かい日が、ようやく戻って来たよ。
毎回、難しいblogを書くのも、読むのも疲れるわね。

ume tyanの毛も、そろそろと、抜け替わってきました。
いつも、不思議に思っている事があるの?
どうやって、ume tyanは、毛をコントロールして、
新しい毛を生やすのか?
それとも、毛が勝手に生えてくるのか?
なんてこと、考えながら1日は、始まる。


At last, a warm day returned.
Every time, writing difficult blog, and reading are tired.

The hair of ume tyan has molted slowly, too.
There is a wondered thing always.
Very, does ume tyan control the far, and grow a new hair?
Or, does the hair grow without permission?
The first starts while thinking very much.





ume tyanを、抱っこしているみたい。
しかし、無謀なチャレンジは、身を滅ぼすのを、
私は、知っている。


Ume tyan is held.
However, I know a rash challenge ruins oneself.





ダーリンが、コーヒーメーカーを見ているわ。
買ってくれるのかしら?
もちろん、そんな事は、無いわね。


The darling is looking at the coffee maker.
Do you buy it?
Of course, there is no such thing.





そうして、週末には、バレンタイン。
毎年、もれなく、もらって来るのは、チョコレート。
たまには、コーヒーメーカーでも、
もらって帰って来て欲しいものだね。

それでは、みなさん、
素敵な週末を、すばらしき人と、お過ごし下さい。
大切な時間は、家族とともにあるべきです。


And, Valentine on weekend.
It is a chocolate that gets without omission every year.
Occasionally, the coffee maker is the one that it
wants you to get and to come back.

Then, everybody.
Please spend a wonderful weekend with a wonderful person.
Important time should be a family.



From loved ume tyan

            (^_^) Proposal of Valentine

金曜日, 2月 06, 2009

技術の進歩と欲望と、知的好奇心は複雑に




インターネットの環境も、まだ、直りませんが、
だいぶ、通信が良くなって来た、気がします。
そして、私は、まだまだ忙しい時間を、過ごす必要が、
ありそうです。

大阪の心斎橋のアップルストアに出掛けて来ました。
目的は、近くに有る、ペンタックスのセンターで、
レンズを試してみたいと思ったこと。
残念ながら、ペンタックスは、土曜日が休みだったので、
私は、失望しました。
やっぱり、人が休みの時に開いていると、サービスとしては、
最高なんだけれどもね。
勝手な事、私は書いてるね。

もうひとつが、iPod nanoと、iPod touchの差を見極める事でした。


The nature to which the communication considerably
improves does though the environment of the Internet
has not been reconciled yet either.
And, at busy time, I seem to have the spent necessity still.

It went out to the Apple store in Shinsaibashi in Osaka.
The purpose wanted to try the lens at the center of Pentax
that was to be near.
To our regret, I was disappointed because Saturday was a rest in
Pentax.
After all, it is the highest in case of the opening when the person
is a rest as service.
A selfish thing and I are writing.

Another one was a thing to ascertain the difference between
iPod nano and iPod touch.





何事も、慎重な私は、店員さんと話をして、
実物を見て、何が違うのかを、知りたいと思ったのでした。
iPod touchは、プログラムを追加して、様々な機能を、
私のiMacと共有してくれる事、インターネットが無線で
楽しめる事、もちろん、音楽が聴ける事は、必須だね。


I careful talk about what with the clerk.
Because I had wanted to know whether the thing was seen,
and what was different, it did.
The program is added, and various functions are indispensable
to the thing shared with my iMac, the thing that it can enjoy
the Internet by the wireless, and the thing that it is possible to
listen to music of course for iPod touch.





橋の下には、酒飲みの犬がいる。
そして、指二本で、もっと大きくなる。
面白い技術と、ハードの融合。
世界は、もっと面白くなる。

家の無線LANでインターネットを楽しめる様に、
なったんだけれども、良く無線を確かめていると、
他人の家の無線まで入って来ていました。
怖い事ですね。

そこで、私は、無線の勉強をしました。
無線の暗号に関しては、WPA2に設定すること、
ここには、WEPの暗号は、既に破る事が出来るという事です。

もうひとつ調べている事があって、WIFIの技術です。
WIFIとは、すなわち、無線技術の進歩によって、
インターネットが出来る環境を街の中でも実践する事です。
知らない街のカフェや、道案内に、私は、使いたいと思って、
調べています。

WIFIの中では、無料で接続出来る、スポットが多く、
構築されて来ている事も知る事ができました。
もう少し、整理された情報が、私は欲しいと感じながら...

いつもの様に時間が無くなって、
ヘンリー・D・ソローの1854年、森の生活も読めていません。
折角、買った本なのに...

まったく、無茶苦茶な、文章になってしまいました。
みなさんごめんなさい。

幸せな週末、私の心は、あなたとともにある。


Under the bridge, there is drinker's dog.
And, it becomes larger by two fingers.
Uniting of interesting technology and hardness.
The world becomes more interesting.

It entered the wireless of others' houses though it became
to enjoy the Internet by wireless LAN of the house
when the wireless was confirmed well.
It is a scary thing.

Then, I did wireless study.
It sets it to WPA2 for a wireless code.
The code of WEP is already a thing that it is possible to
break it here.

There is another one examined thing,
and the technology of WIFI.
WIFI is a thing to practice the environment to be able to
do the Internet by the advancement of a wireless technology
in the town.
I want to use the cafe and to guide the town doesn't know,
and it examines it.

It was able to know the thing that the spot was constructed a lot
that was able to be connected free of charge in WIFI.
Organized intelligence : as I feeling that it wants it a little more.


Time disappears always.
The life of the forest cannot be read in 1854 of Henry and D and
Thoreau.
Though it is a bought book with much trouble.

It has become confused sentences at all.
I'm sorry for everybody.

There is my mind with you on a happy weekend.


From loved ume tyan

w(゜o゜)w The advance in technology, the desire,
       and the intellectual curiosity : complexly.