木曜日, 3月 26, 2009

今の私




私は、今、Blogを書くことや、訪問する事が、
非常に困難な、状況となっています。
それは、とっても、個人的な事情です。
訪問出来ないのに、Blogを書く必要は、無いかなと、
私は、思いながら、今の、私を知ってもらいたくて。

そろそろ、私の住んでいる所も、桜の花も咲いて来ています。
私からの、Blog、みんなとともに歩んだ、時間を覚えておいて。
世界は、新しいことが起これば、次の話題が優先される。
時代はスピードを上げて、過去を置き去りにする。

私のBlogを読んだ友人達は、常に思っているでしょう。
また難しい事を書いてと!
だけど、私には、時間を繋ぐ使命がある。


For me, writing Blog now, and the visited thing are
very difficult situations.
It is a very personal circumstances.
I want me to learn today while thinking if there is
no necessity for writing Blog to visit.

The place where I live and cherry blossoms are in blossom slowly.
Time to have walked Blog and all from me is remembered.
The following topic is given to priority if the world new happens.
It cuts out in the age, and the past is left.

Friends who read my Blog might always think.
..taking.. !. write a difficult thing moreover
However, I have the mission that ties time.





今回は、私の好きな、作家アーサー・コナン・ドイルについて、
書いてみようかしら。
彼の著書には、有名な物では、
『シャーロック・ホームズ』があります。
もちろん、あの名探偵の小説。
だけど、根性曲がりの私には、
チャレンジャー(George Edward Challenger)教授
の活躍する、「失われた世界」が好き。
わくわくしながら、冒険の物語を読んだわ。
古代生物との格闘を交えながら、
海底を探検する物語も楽しかった。
是非、時間がある時でいいので、読んで下さいね。

私は、昔、あまり本を読まなかった。
これは、本当だよ。
だけど、多くの本を、読むようになって、
感じた事がある。
本は、一生の宝であり、文章を読む事によって、
自分の人間性を深める事が出来こと。
すなわち、文章には、いろんな感じ方、捉え方ができる。
自分で、文章を解釈する楽しみは、人には、味わえない事であり、
100人いれば、100通り以上の読み方、
その人の、環境によっても、変わるわね。

私のBlog、次回は、いつ訪問出来るか、解らないけど、
私は、全ての友人が気になっているわ。


This time, let's write about my favorite writer Arthur Conan Doyle.
To his book in a famous thing
There is 'Sherlock Holmes'.
Of course, that great detective's novel.
However, it takes an active part, and I like "The Lost World"
about challenger professor George Edward Challenger in me
of the spirit bending.
The story of the adventure was read while getting excited.
The story that explored bottom of the sea while exchanging
the grapple with an ancient living thing was happy.
It is time when it in there is time and it reads because
it is good by all means.

I did not read the book so much in old times.
This is true.
However, because it comes to read the sight of books, it has felt it.
The book is a treasure through life, and can be the deepen
of my human nature by the thing to read sentences.
That is, various how to feel it and how to catch can be done in sentences.
The enjoyment that interprets sentences for myself changes
by the pronunciation of 100 kinds or more and the person's environment
if the person is a thing that cannot be tasted, and includes 100 people.

I am anxious when about it is possible to visit my Blog and
next time though it is not savvied of all friends.


From loved ume tyan

                 ・_・ Now on me

木曜日, 3月 12, 2009

春の公園と、自然の考察




空は青くなり、日も長くなる。
そして、私は、春を探すのだ。

近くの公園には、淡路島の名物である、
水仙が多く咲いていました。
水仙の匂いが、私を取り囲み...


The sky becomes blue, and the day becomes long, too.
And, I look for spring.

A lot of daffodils that were the special products of
Awajishima were in blossom in the nearby park.
Fragrant of the daffodil surrounds me.





白梅は、咲く。
いつも、時を忘れずに、やってくる。
私も、負けては、いけないね。


A white plum tree blooms.
It comes without losing sense of time always.
It is not necessary to be defeated me, too.





Henry David Thoreauの「森の生活」を、
読み始めた所だけど、感じた事があるんだ。
それは、生命エネルギーの存在。

良い本には、知恵と人生哲学、
そして、いまの日本にはない、言霊が宿る。
大切なのは、文章をゆっくりと、吟味しながら、
言葉を選ぶ。


I have felt "Life of the forest" of Henry David Thoreau
in the place that began to be read.
It is existence of the energy that is essential for living.

Wisdom and life philosophies in good book
And, the soul that doesn't locate in Japan today stays.
Importance chooses one's words while slowly examining
sentences closely.





私も、雑念を振り切って、時間を作り出す必要があるわ。

贅沢な生活は、楽しいかもしれないけれど、
そこには、小さな感動を失う程の堕落がある。


リンカーン大統領が登場した時代、
Henry David Thoreauは、生涯を終えた。

Henry David Thoreauを、教えてくれたAriに感謝。

私からの追記として、
Roy Harrisは、リンカーン大統領と、
同じ2月12日の誕生日であったので、
Roy Harrisは、リンカーン大統領を慕っていた事。

Roy Harrisの交響曲6番"Gettysburg"が、
1944年4月4日、世界初演を行なった事。
それが、CDで発売されていた事を、伝えておくね。
非常に入手困難でしたわ。


書き出したら、止まらなくなってしまうので、
この辺りで、ストップしましょう。

歴史や、音楽、読書には、終わりが無い。
全てを知る事は、不可能であり、
インターネットは、無限の知識を与えてくれる。
そして、私は今、情報の洪水の中にいる。


I also shake off the worldly thoughts, and should begin
to make time.

There is degeneration as small impression is lost there
though it might be happy at the luxurious life.


Henry David Thoreau finished the life in the age
when President Lincoln appeared.

We wish to express our gratitude for Ari to teach
Henry David Thoreau.

As a postscript from me
Roy Harris is a thing because Roy Harris was
President Lincoln, and the same birthday,
February 12 to adore President Lincoln.

The done the sixth symphonies "Gettysburg"
of Roy Harris.. ..performing..
thing of the world first on April 4, 1944.
It tells the thing put on the market with CD.
It was very hard-to-find.


Let's stop around here because it doesn't stop when writing it.

In the history, music, and reading, there is no end.
It is impossible to know everything.
The Internet gives infinite knowledge.
And, I am in the flood of information now.


From loved ume tyan

      f(-_-;) Park of spring and consideration of nature

金曜日, 3月 06, 2009

ume tyanの春の自由への讃歌




暖かい日が、ようやく戻ってきました。
私の心にも、暖かいぬくもりを感じるように、
なってきました。

また、梅の季節だね。
何度目の、春だろう。
新しい季節には、いつも希望と、旅立ちを感じる。


At last, a warm day returned.
It has come to feel warm warmth in my mind.

Moreover, it is a season of the plum tree.
It might be spring how many.
I feel hope and the usual departure at a new season.





別の方向を見ている。
誰に、指図される事も嫌い。
前進こそが、君の得意技。


Another direction is seen.
The thing ordered of whom is disliked.
Only advancement is your good technique.





水仙の花を、眺めながら。
そんなこと、私には、関係ないわ。
君は、私に伝えている。

私は、匂いが、気になるの。


While looking at the daffodil flower.
It is unrelated to such a thing and me.
You are telling it to me.

Ume tyan is anxious about the smell.





ツクシも発見したよ。

茹でて、食べる手もあるけど。


Equisetum was discovered.

Though it boils, and there is an eaten hand, too.





春の日差しは、1日1日、ゆっくり、ゆっくり、
長くなっていく。
足下ばかり見ないで、空を眺めてみよう。
きっと、広い空間を、感じるでしょう。
それが、あなたの、1つの世界。


The sunlight of spring slowly becomes long slowly
on the first of the first.
Let's look at the sky without seeing feet alone.
Surely, I will feel a wide space.
It is your one world.





君は、ただ、自然に生きていくんだね。
それこそが、君の時間だから。
私は、それを、時間の限り楽しんで欲しいと思う。
束縛される事もなく。
誰に邪魔される事も無く。


It lives naturally you.
Because only it is your time.
I want you for time to enjoy it.
There is not a restrained thing either.
There is not a thing obstructed of whom either.


From loved ume tyan

(^_-)☆ Admiration song to freedom of spring of ume tyan