土曜日, 4月 25, 2009

良い事の前兆




ここは、イタリアでは、ありません。
いつもの、淡路夢舞台です。
大好きなイタリア料理を食べに、行ってきました。
ちょっと、良い事が会ったので。

悪い事と良い事は、隣り合わせでやって来る。
ほんの少し、良い事が多い方が、私には、望みだわ。
いままでが、あまりにも、悪い事が続き過ぎたので、
次は、良い事の出番だからさ。


There is no here in Italy.
It is a dream stage in Awaji always.
..eating.. I'm home. the loved Italian food
Because the good thing met for a moment.

A bad thing and the good thing come standing next.
One with a lot of good things is hope to me just a little.
Because a bad thing continued too much too much,
the following are turns of the good thing up to now.





そうはいっても、雨が、降りしきり、
春から夏への、階段を上っていくのです。


Curettage rains hard even if it says rain, and goes up
from spring to summer the stairs.





何は無くとも、とりあえず、食欲は、無くならないのは、
困ったものだ。


The appetite was embarrassed for the time being no matter
it was not what, that is, did not disappear.





スィーツの魅力は、私の時間を、現実につなぎ止め。
世界の素晴らしさを、発見する事になるのよ。
さあ、私の所に、いらっしゃい。


The charm of Sweets actually ties my time.
Wonderful in the world will be discovered.
Now to my place, please come in.





私は、メディアに乗り遅れ。
たいした事では、ないですけれど。
ニュースも解らない状況に陥っていました。

ところで、いい部屋でしょ。
わたしの、部屋だよ。
安藤忠雄さんの、デザインなんだ。
ソファーも座り心地が、満点。
やはり、外国製のソファーに限る。

なんて、本当だったら、すばらしいんだけども、
ここは、ホテルの一部分。
住もうと思ったけれども、ホテルの人に、怒られるわね。

時代の進化は、素晴らしく、外出先でも、
インターネットが使えるitouchで、Wifiを利用して、
Blogを見ていたのさ。
ゲームばかりじゃない、itouchの魅力は、
見た目以外の実力もあるという事を、
私は、実感しています。
ソフトとともに、進化しながら、陳腐かを、如何に防ぐのか。
だけど、使うソフトは、固定化していく。
事象の収斂って、事だわね。

私の日常生活も、収斂してきています。
やるべき日常生活の問題は、山積みですけど、
毎日の生活の中で、解決してきています。

まあ、冷蔵庫が無いのが苦痛だけれど、
これでも、生活は、出来るという事を、私は、知った。

いつも、取り留めも無い、馬鹿な事ばっかり書いていて、
申し訳ございません。
これにて、私の、近況状況を報告させてもらいました。


I miss media.
In a wonderful thing, though it is not.
It fell into the situation in which news was not understood.

By the way, ..good room.. ..
It is my room.
It is a design of Tadao Ando.
Sitting feelings are full marks in the sofa.
Still, it limits it to the sofa made of the foreign country.

Very, a part of the hotel though it is wonderful
when it is true. here
The person at the hotel is angry though it was thought
that it lived.

Even the destination : the evolution in the age wonderfully.
Blog was seen by using Wifi with itouch that was able to
use the Internet.
As for the charm of itouch, that is not only the game,
I am actually feeling the thing of having abilities other
than externals, too.
How is it is hackneyed prevented while evolving with software?
However, the software used is made fixed.
The astriction of the event is a thing.

As for my daily life, it is astriction.
The problem of daily life that should be done has been solved
in the pile in the life of every day.

Oh dear, it is painfully : by there is no refrigerator.
As for this, life got to know the thing that it was possible to do
and I was gotten to know.

Are saving, and either I am sorry for writing only a foolish thing always.
I was allowed to report on my recent situation situation by this.


From loved ume tyan

                 (/^^)/ Sign of good thing

水曜日, 4月 15, 2009

雨の桜は、なんだか悲しい




多くの呪縛の時間は去りつつある。
そして、私は、君に、雨とともに、誘われているのが、わかる。
雨は、暖かい季節を運んでくれる。
そして、豊かな、恵みを与えてくれる。

君が待って居てくれているのが、私には、とても嬉しい。


The time of a lot of catching is leaving.
And, I understand it is being invited with rain by you.
Rain carries a warm season.
And, a rich blessing is given.

It is very glad of me for you to wait, to exist, and to exist.





桜の開花が、今の私には、一番のなぐさめです。
インターネットの無い世界の私は、必要なことだったわ。


The flowering of cherry blossoms is a comfort of the goodness.
I in the world without the Internet was necessary.





インターネットに依存しすぎだった事を思い出す、
きっかけだったわ。
きっと、この経験があった事は、良い事でしょうね。
時には、必要だと思っていた事が、必要では無い事。

多くの虚飾に飾られて、本当に必要な事を洗い出す。
時間は、有限であり、私の道は、迷い道のように、
曲がりくねっているからさ。
いつかは、解さなきゃならなかったことだもの。


It was a chance that recalled the thing that depended
on the Internet too much, and was good.
Surely, the thing with this experience might be a good thing.
Thing at times that doesn't include thing thought
to be necessary in necessity

A lot of vanities are decorated, and a really necessary thing
is dug up.
Time is limited, and my road is winding like the hesitation road.
It was necessary to understand at one time.






わずかな時間だけれど、この為にある、
一週間の桜の花を眺めてる。

まだ残っている、ツクシの集団との、
駆け引きはどちらが、勝つかしら。

桜に雨が降り、花びら舞い散る中、
私は、独り物思いに耽りながら、blogを書く。


The short amount time, therefore, cherry blossoms
have been looked at for one week.

Does it still remain, and does the bargaining win with
the group of Equisetum arvense ..which..?

It rains in cherry blossoms.
The petal whirls.
I write blog while indulging to the one person pensiveness.

From loved ume tyan

    (;;)  Cherry blossoms of rain are sad somehow.

水曜日, 4月 08, 2009

春の桜を教えてあげる




多くの時間が過ぎ、私は、どうしているか?
気になっている、シャーロックホームズな、友人達。
私は、今、インターネットがつながらない場所にいます。
こんな環境も、私は、気に入っています。


Does a lot of time pass, and why am it me?
Anxious friends of ..Sherlock Holmes.. ,.
I am in the place where the Internet is not connected now.
I like such an environment.





そして、桜は、咲く。
光の下で歩きながら、私は、考える。
私は、一人ではない。
みんなとともに、歩むblogの世界。
書くことは、たくさんある。
まだ、blogを書くことに、関心があります。


And, cherry blossoms bloom.
I think while walking under light.
I am not one person.
The world of blog where it walks all.
There are a lot of written things.
It is interested still in writing blog.





もちろん、共に歩く友人の、blogの素晴らしい世界に、
私は、夢中になれる。
それは、素晴らしい人生を、歩けるからだ。
あるときは、スコットランド、シンガポールを廻って、
アメリカまでの、道のりは遠く。
世界を旅する、私の、時間。


Of course, I can become crazy in the world where blog
of the friend who walks both is wonderful.
It is because of being able to walk wonderful life.
The way to the United States is far .....
at a certain time Scotland and Singapore...
My time to travel the world.





あなたは、私を見て笑うだろう。
時には、悲しく感じる事もあるだろう。
そんな、あなたには、私から、漢字のプレゼント。


You will laugh because you see me.
There might be a thing felt sad at times, too.
It presents the Chinese character from me to such you.





漢字というのは、表意文字の一種です。
表意文字とは、文字が意味を表していること。
すなわち、桜という、漢字には、木が横についています。
見て解る通り、木の一種です。
他の木の漢字を、書いてみると、梅や、松があります。
何だか、女性をイメージする木だから、
右下には、女がついています。

日本の文字の文化には、
中国伝来の物やヨーロッパの文化が、
日本で独自に変化したもの。
そこには、ひらがなや、カタカナの文字があります。
漢字は、難しいので、ひらがな、に変化していきました。
外来語は、カタカナで書きます。

もっとも、覚える事が多すぎるのが、
日本語の悪い所であり、良い所でもあるのです。


The Chinese character is a kind of the ideographic script.
The character must show the meaning
by the ideographic script.
That is, the tree(木) is sideways attached to
the Chinese character of cherry blossoms(桜).
It is a kind of the tree like seeing and understanding, etc.
There are a plum tree(梅) and a pine(松) when
the Chinese character of other trees(木) is written.
Because it is a tree that images the woman(女),
the woman(女) is lucky to lower right somehow.

To the culture of the character of Japan
The one that thing of China transmission and culture
of Europe were originally changed in Japan.
There is a character of the hiragana and the katakana there.
The Chinese character has changed into the hiragana because
it is difficult.
The loan word is written by the katakana.

However, it is bad Japanese places that the remembered thing
is too a lot of, and is good places.





私の、訪問時間、何時になるかな?
もう少し待っていて欲しいわ。
きっと、元気に訪問出来ると、約束しておくよ。

そして、どうやって、blogを書いたかって?
私は、怪盗ルパンよ。
電波を盗んで、書いたのさ。


My visit time and what time come?
I want you to wait a little more.
Surely, it promises to be able to visit energetically.

And, is it selfish that writes blog very?
I am phantom thief Lupin.
The electric wave was stolen, and written.


From loved ume tyan

       (^_^) Cherry blossoms of spring are taught.