木曜日, 5月 28, 2009

誕生日と、神戸の夕べ




いつも、ありがとうございます。
感謝の心に、新しい朝、すてきな、朝日を浴びて、
昨日とは違う、今日を感じる。

そして、誕生日には、花束と、おいしい食事だね。


Thank you always.
I feel different today because it bathes in a wonderful
morning sun in the feeling of thankfulness
on a new morning yesterday.

And, it is a bouquet, and a delicious meal on the birthday.





ビルの一角にある、レストランで、遅めのランチを終え、
外へ出る頃には、すでに、夕方の香りがしていました。


When a slow lunch was finished in the restaurant,
and it went outside it was in the corner of the building,
the smell in the evening had already done.





さあ、これから、何をするか?!
思案を胸に、頭では、決まっていたりするのですが。


Now what will you do in the future?!
It decides in the head without forgetting the thought.





神戸のJazzクラブで、
すてきな、音楽でも聴いて、過ごしたい。
そんな、気分な、時間でした。

どんな、曲が、おすすめですか?!

わたしの、おすすめは、Keiko MatsuiのHeat And Soul。
夕焼けを見ながら、聴くと、せつない時間が眩しくなるわ。


With the Jazz club of Kobe
Wonderful music wants to be listened, and to be spent.
It was such time of ..feelings.. ,.

What is the tune recommended?!

My encouraging is Heat And Soul of Keiko Matsui.
Time becomes dazzling if it listens while seeing
the evening glow.

From loved ume tyan

      (^_^)/~ Birthday and evening of Kobe

金曜日, 5月 22, 2009

街の中の宝探し




インフルエンザが、流行っているので、
外出も控えています。
だから、この頃、写真もお休みです。

愛しい神戸の街に、出掛けたいな!
そんなことを考えながら、毎日を過ごしています。

ちょっと前に、ダーリンの誕生日で、
神戸に行った時のことです。


It refrains from going out because influenza becomes popular.
Therefore, the photograph also takes a rest recently.

I do not want must to go out to the town in dear Kobe.
Every day is spent while thinking about such a thing.

It to darling's birthday, and to go to Kobe for a moment ahead.





レストランに予約して、異人館のある、北野坂まで、
行きました。
北野坂の周辺では、おしゃれな店が、私を誘ってました。


I went to the Kitano slope it reserved to the restaurant,
and with former residences of early foreign settlers.
A fashionable shop invited me around the Kitano slope.





ダイニングは、コップの水のように、
今や、遅しと、満杯になるのを待っていました。


The dining : like the water of the glass.
Now, it was waited to fill when it was slow.





もちろん、待った甲斐は、あったわ。
神戸の街のすごさは、料理の感性にも表れる。
店の雰囲気は、あくまで、上品でいて繊細、
心地よい女性店員の、サービスは、
「私の住んでいる、淡路島にも遊びに来た」って、
言っていたわ。

2月も前の話を、覚えていたのは、
私の印象が、深かった証拠だわ。

カメラを持って、お出掛けしたい。
そういえば、pentaxの新しいカメラが、発売されたわ。
K-7、魅力的に見えるわ。
ただ、私も、多く写真を撮る機会があれば、
新しいカメラが、もう少し欲しくなる。

だけど、レンズもpentaxは、充実させて欲しいと、
感じています。
軽く、そして、レンズの倍率が大きく、
まさに、一つのレンズで、多くの場面を、捉えられる標準レンズ。
具体的には、18mmから150mmをカバー出来る、
防滴性能のレンズ。

なんて、夢見る時間を、台無しにする必要は無いわね。
私には、歴戦の友、K100D superがあり、
レンズは、pentaxが欲しいと、感じています。

経済危機には、私のような、人間も必要だ。
煩悩は、深く世界に、うごめいている。
私が好きな企業は、決まっていても、欲しい商品がないという
事態は、避けて欲しい。

なんとも、ロマンも無いことを、書いているわね。
きっと、街の中で、宝探しをしていないから、
ロマンチックな気持ちになれないのね。


Of course, there was a waited effect.
Terrible in the town in Kobe appears in the sensibility of the dish.
Shop..atmosphere..to the end..elegant..delicate..
comfortable..woman..clerk..service.
.live..Awajishima..play..come..say.

In the remembrance of the talk of the previous state in February,
my impression is deep evidence.

I want to go out with the camera.
Incidently, the camera that pentax is new was put on the market.
It looks attractive K-7.
However, I come to want it in a new camera a little more,
too, if there is a chance to take a lot of photographs.

However, pentax feels the lens want you to enhance it.
It is light, and the power of a lens is large.
Exactly, standard lens where a lot of scenes are caught
with one lens.
Concretely, the lens of non drip-proof that can cover
150mm from 18mm.

Very, there is no ruined necessity at the dreamt time.
I have friend's K100D super.
I feel the lens want pentax.

Human like me is also necessary for an economic crisis.
The evil passion wriggles deeply in the world.
I want you to avoid it the situation of not being the commodity
wanting it. decide favorite corporate I

Indescribably, it is written that there is not a romance either.
Surely, because the treasure search is not done in the town,
it is not possible to become romantic feelings.


From loved ume tyan

             (~_~;) Treasure search in town

金曜日, 5月 15, 2009

菖蒲の時が、まだだったume tyan




1週間て、短すぎるな。
私は、時々、こんな事を、思うんだ。
特に顕著なのは、blogを書き出してからだと、
感じています。

リズムを取って、週末は、天気が良ければ、
どこかに、お出かけ。
そして、カメラを片手に、休日を満足な物にするのよ。

It is ..one week .. too short.
I sometimes think of such a thing.
Especially, blog is written and I feel the remarkable one.

The rhythm is taken, and it goes out somewhere
if it is fine on the weekend.
And, the camera is made in one hand and holiday is
made a satisfactory thing.





だけど、自然に、とっては、とてつもなく長い。
陽も、また長く、散歩時間が、明るくなった事は、嬉しい。
道が明るければ、気分も晴れるということだね。

道中は、ume tyanに仕切ってもらおう。
どこへ行くのか、解らない。
ミステリーツアーは、毎日、続いています。


However, it is extraordinary and long when naturally taking it.
As for the positive, it is the re-long, and the lightening thing
is glad at the stroll time.
Feelings clear up, too, if the road is bright.

It is had to partition it into ume tyan on the way.
It doesn't understand where to go.
The mystery tour continues every day.





鶏冠(とさか)があるのは、鶏に限った事では、なく。
ume tyanにも、あるんだよ。
変わり者の犬には、変わった物も付いている。


There is of the limit to the chicken there is a cockscomb.
Also in ume tyan, it is.
The unusual object has adhered to the dog of the queer
old stick, too.





あじさいは、もう少しすれば、見頃です。
時の過ぎるのを、ただ、待っているだけ。
そして、どうやって、あの独特の形になるのか、
調査をする時は、今。


The hydrangea is a best time to if it does a little more.
It is only waited that time passes.
And, it is now to investigate how to become that peculiar shape.





淡路島と言ったら、玉ねぎが有名だわ。
犬にとっての大敵の、玉ねぎも、大きくなってゆくのでした。

時間は、流れていく。
私の毎日は、何でしょうね?!
ただ、時間を過ごしているだけかしら?

常に、新しい毎日は、やってくる。
誰の、前にも、やってくる。
素晴らしき明日は、自分が作る物なのさ。
その為には、日頃の、準備が必要だね。


The onion is famous when saying Awajishima.
Because the onion of the powerful enemy for the dog grew,
too it did.

Time flows.
It might be what every day of me. !
However, is time only spent?

It always comes new every day.
Whom have you come before?
It will be a thing that I make wonderful tomorrow.
Therefore, it is necessary to prepare the usual.


From loved ume tyan

        (・・?) ..until.. ume tyan at iris still

土曜日, 5月 09, 2009

5月の風に乗って、私は旅立つ




サツキは、鯉の吹き流し。
5月の別名として、皐月(さつき)と示します。
まさに、季節が、5月になれば、咲いてくれます。

そして、気をつけなければ、すでに、ダニの季節。
ume tyanの首元に、侵入していました。


雨が多い、5月の空の下、
私も、ume tyanと一緒に、日差しを待っていました。


Rhododendron indicum(Satsuki) is carp's blowing sink.
It is shown May (Satsuki) as an alias in May.
Exactly, it blooms if the season becomes May.

And, the season for ticks already if it doesn't take care.
It invaded the neck origin of ume tyan.


The sky under of May of much raining
I also was waiting for sunlight with ume tyan.





ガザニアは、散歩に楽しく、
ume tyanが、寝転がるのに、ちょうど良い。
クッションのように、ふさふさと咲いていました。

花びらは、紫に、ume tyanの背中を、擦すってくれます。


The gazania happily to the stroll.
It is just good for ume tyan to sleep and to roll.
It was tufty in blossom like the cushion.

The back of ume tyan is rubbed ..petal.. purple.





それでも、前に。

Still, ahead.





竹を、目指して。
私は、竹を目指したく無いから、Uターン!

It aims at the bamboo.
It makes a U-turn to me in not wanting go to the bamboo.





ごわごわの背中を、さすってくれって、言ってるみたい。
それとも、幸運を運んでくれるのかしら。


It is said, "Please rub the inside of ..drinking.. stiffly".
Or, is luck carried?





今日一日の、収穫は、なんだろうね?!
もちろん、気持ちのいい、散歩の時間と、5月を感じる事。

訪問が遅くなって、すみません。
それでも、私は、blogに変化が欲しい。
マイペースで、のんびりと、勉強しながら、
日常生活を続けながら。

書くという事は、エネルギーを使うわね。
充電も必要だわ。
旅行の計画でも、あれば、いいんだけれど!
ちょっと、無い。


What is the harvest during a day of today?!
Of course, thing to feel time and pleasant May of stroll

I'm sorry that the visit slows.
Still, I want the change in blog.
While continuing daily life while peacefully studying
by the one's own pace.

The thing of writing uses energy.
It is necessary to charge it.
If it is, even the plan of the travel : though it is good.
It is not for a moment.

From loved ume tyan

  (^O^)w  I start on a journey on the wind about May.

土曜日, 5月 02, 2009

フラワーアレンジメントから、街を考える




5月になりました。
早いものです、もう、今年も4ヶ月が、
過ぎ去ってしまいました。
毎日は、早く、過ぎ去りし日々は、遠くに感じます。

「ゴールデンウィークは、何かイベントがあるのか?」
と聞かれれば、毎年、予定していないと答えます。

そうです、渋滞や、混雑が嫌いなのです。
今年は、インフルエンザが、流行っているので、
これを、口実に入れておきましょう。


May came.
It is the early one, and four months have already
passed away this year.
It is felt far away that it is early every day passing away
every day.

"Does Golden Week have any events?"
It is answered that it doesn't schedule it every year
if it is asked.

It is so, and I hate congestion and congestion.
Because influenza becomes popular this year,
I will put this in the excuse.





フラワーアレンジメントに、通っていて、
教室の近くで、ランチを食べて、頑張るぞ。


It goes and I will work hard at the flower arrangement
eating lunch near the classroom.





近くには、紡績工場の跡地の、レンガ造りの建物が、
あるのです。
だけど、残念な事に、レンガ造りの建物が、
維持が困難なので、壊された部分が、多く有ります。

図書館の中には、鯉のぼりが泳いでいました。
ちょっと、不思議な、風景。


There is a building of the brick masonry of the site
in the cotton mill to be near.
However, the building of brick is in a regrettable thing and
there are a lot of destroyed parts because maintenance
is difficult.

The carp streamer swam in the library.
Mysterious scenery for a moment.





レンガの建物、私は、趣があって好きなんだ。
時代と、歴史を、ここに来るだけで、感じられるから。

そこに立ち、風に吹かれて、私は、思う。
どうして、街を大切にしないのだろう。

同じような個性が無い街が、多すぎるわね。
ちょっと、寂しすぎる。


The building in brick and I are elegance and like it.
Because it is felt only by the age and the history's coming here.

I think because it stands there, and it is blown to the wind.
The town might not be valued why.

There are a lot of towns without similar individuality.
It is too lonely for a moment.





今日のアレンジメントは、如何かしら?
テーマは、ウオーターストリーム。
水の流れを、示しています。
流れるように、滑らかに、そして、自然な雰囲気で。

出来上がった直後よりも、何日か後に、
花が咲くのが、美しい。


Today's arrangements are very oaks.
The theme is a water stream.
The flow of water is shown.
In a smooth, as flow natural atmosphere.

It is beautiful that the flower blooms how many days
it immediately after completing after.


From loved ume tyan

   (・・?) It thinks about the town
       from the flower arrangement.