日曜日, 11月 08, 2009

横道に逸れる事は、新しい明日を作るものさ




いい、気候になったね。
自転車の季節の到来だわ。

道は、未知に通じる。
日頃、住んでいる場所の近くには、全く知らない場所が、
あると思う。
その場所を知らなくても、生活はできる。
しかし、ちょっとの好奇心は、自らの力で、
新しい明日を教えてくれる。


It became a good climate.
It is a coming of the bicycle at the season.

The road runs in the unknown.
I think that there is a place doesn't know at all near
the place where it lives always.
Even if it doesn't know the place, it is possible to live.
However, a little curiosity teaches new tomorrow
in own power.





山の紅葉は、まだかしら。
探しに行っても、見当たらないわ。
まだ、早いってことかしら。

赤いかわいい実を見つけました。
名前を、知らなかったので、調べてみたら、
サネカズラと呼ぶんですって。

知識は、後から付いて来る、
そして、忘れる事は、それ以上である。
1週間もしたら、名前は忘れちゃうんだろうな。


The autumn tint of the mountain is still oaks.
It is not found even if going to look for.
It is early still.

A red, lovely truth was found.
Because it did not know the name, it prints by calling
Kadsura japonica when examining it.

Knowledge adheres later.
And, the forgotten thing is any more.
The name will be forgotten in one week.





ume tyanの尻尾を見つけたよ。
これは、野鶏頭。
要するに、野良の鶏頭だわ。
野良の尻尾は、まさに、ume tyanのものさ。


The tail of ume tyan was found.
This is a jungle fowl head(Celosia argentea).
In short, it is a cockscomb of the field.
The one of the tail of the field of ume tyan exactly.





伊勢の森は深く、いにしえの時と空間が残されている。


There is deeply a forest in Ise and the time of getting
and the space have been left.





伊勢の森神社は、森を守る為に作られたのかしら?
山の上に作った神社は、先人達の魂を受け継ぎつつ、
未来へと続く人々に、希望と夢を託しつつ。
「しっかりしろ、今の人々。」なんて事、
言われそうだわ。


To defend foresting, was the forest Shinto shrine in Ise built?
The Shinto shrine built on the mountain : entrusting people
who will follow succeeding predecessors' soul in the future
with hope and the dream.
It seems .."Be steady, and people today".. ..thing.. to be said.





瓦や建物は、大切に保存されていました。
屋根には、接ぎ木をした跡もあった。

木に彫られた、狛犬や、雲を見ながら、
見るべき物は、なるべく早く見ておかなければ、
いけないと感じたのでした。

ますます忙しくなった、我が身。
しばらく、blogを休む事にしました。
いつもblogを見てくれる、友人には、申し訳ございませんが、
12月頃には、戻って来れるでしょう。
その時まで、みなさん、さようなら。
次回、会う時にも、仲好くして下さいね。

すてきな明日は、あなたとともにある。


The tile and the building were importantly preserved.
In the roof, there was a grafted mark, too.

It was carved for the tree, and because the thing that had
to be seen while seeing the image of Korean dog and
the cloud had been felt to have to see as early as possible, it did.

My body that became busy more and more.
It made it to the thing taking a rest from blog for a while.
I am sorry, the friend who sees blog will always return
in around December.
Good-bye at that time ..everybody...
Next time, when meeting, it does happily.

It is with you wonderful tomorrow.


From loved ume tyan

(^_^)/~ The one of the thing that misses to the sideway
   to make new tomorrow.