土曜日, 3月 27, 2010

神戸の街と、芸術と、そして私は、歩いていくのです




神戸では、バーニーズニューヨークが出来たので、
ここ、神戸にやってきました。
神戸では、 雨に降られて、傘を手放せない。

It came to here and Kobe because Bernese New York
was able to be done in Kobe.
It rains, and cannot part with the umbrella in Kobe.





道を歩けば、花にあたり。
カラフルな時を過ごせました。

It is around in the flower if walking on the road.
Colorful time was able to be spent.





昼食には、運がつきものね。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。
八卦の陣は、三国志ってところだね。


In lunch, the fate attaches and the one.
It is a fortune-telling, and a fortune-telling though
hit though not hit.
In the formation of the fortune-telling, Romance of
the Three Kingdoms is a point.





目的、それは、パンとなりました。

The purpose and it became bread.





そんな、こんなの、私の人生には、残されたものを頼りに、
生きていかねばなりませぬ。

私が選んだ道、芸術には、うるさいと思う。
芸術には、垣根が無いわね。
音楽、本、フラワーアレンジメント、絵画...
そうね、今の人達には、作品の余裕が無くなって来ている。
伝えたい事は、なかなか伝わらない。
自分のフラワーアレンジメント作品を作る時もそうだった。
教わるよりも自分本位で、作っていたわ。
昔の芸術家の作品を見て行くことから、始めましょ。

チャイコフスキィは、私の好きな作曲家。
彼の作品から、交響曲第1番と、交響曲第5番を、
例にピックアップ。
交響曲第1番から、彼の若いときの才能の多彩さを、
知る事が出来ます。
メロディーの美しさ、とろける様なリズム。
ただし、作品の統一性という事をみると、
私には、少し物足りないわ。

交響曲第5番では、美しいメロディラインを、
そのままに幾重にも重ねられた旋律が、
統一感をもって、様々な変容をとげていく。
さすがに文句の出る作品じゃないわね。
Jazzのアレンジも好きだけれど、
クラシックの演奏家による聴き比べも面白いわよ。

それにしても、私のblogは、いつも、長くなっていく。
もちろん、文章も、焦点を絞って、わかりやすく。
そして、推敲をすべきですけれども、
ただでさえ、時間が無くなってしまいます。
私は、またしても、謝るのでした。

コメントや、返事が、遅くなって、申し訳ございません。


It doesn't become reliance in my life when living the left
one not coming ..so...

I think it is annoying to the road and the art that I chose.
In the art, there is no fence.
Music, book, and flower arrangement and painting.
It sleeps so, and the room of the work has disappeared
in people today.
The thing to be told is not transmitted easily.
When my flower arrangement work was made, it was so.
It made it more egocentric than it learnt it.
It is . because it sees artist's old work ..the start...

Tchaikovsky is my favorite composer.
The symphony the symphony 1st from his work and 5th
..example.. are picked up.
The symphony can know the variegation of the talent when
it is he young from the first.
Beauty of melody and melting rhythm.
However, when the thing of uniformity of the work is seen,
it is not a little satisfactory for me.

A beautiful melody line is accomplished, and the symphony
has the sense of unity by the melody over and over again piled up
as it is, and accomplishes various transformations in the fifth.
It is not a work from which the complaint is indeed received.
The arrangement of Jazz also : liking it.
The listening comparison by the musician of classics is also
interesting.

However, my blog always becomes long.
Of course, sentences also narrow the focus, and it is comprehensible.
And, time disappears even for free though it is necessary to polish.
Because I apologized again, it did.

I am sorry for late the comment and the answer.


From loved ume tyan

     (-_^) The town, the art of Kobe, and I walk.

月曜日, 3月 22, 2010

散歩途中で見つけた小さな夢と希望

結婚して丸7年が終わり、8年目を迎えました
去年の今頃まで私の実家で、実父、旦那、自分と3人で
暮らしておりました。
それが突然出てしまい、別居はまだ継続中でございます。
私が5歳位の頃に、父が突然病に倒れ、仕事に行けず
その頃は祖父が、自営業を営んでいたので生活はそんなに苦しくなく
そのうち廃業となり、またたく間に急降下。
父は、休みながら月の半分位しか仕事に行きませんでした。
そういう生活を、見かねて島外に住む叔母が淡路島へたびたび
足を運んで面倒を見てくれていたのですが何年か前に裏切られた。
学校を卒業すると自分の将来為に同級生は就職していくが、
私は違った親の為、家の為に働いてきた様に思える、
だから手元には、何も残っていない。


It married, seven whole years ended,
and it lived by three people with the own father, the master,
and me in my parents' family until this time when year eighth
had been received of last year.
It goes out suddenly, and the separation is still continuing.
I cannot fall suddenly in the sickness by father at the age
of about five, and go to work.
Life becomes giving up business sooner or later so much painfully,
and dives because the grandfather had carried on business
on one's own in those days in less than no time.
Father went to work half of the moon only in the title
while taking a rest.
It was betrayed several years ago though the aunt
who couldn't stand such life any longer and lived outside the island
frequently visited Awajishima, it looked after, and it existed.
I think that I have worked for the house because of different parents,
and, therefore, anything doesn't remain at hand though
the classmate will find employment in doing in his future when
graduating from the school.





結婚してからも、父のことで旦那にお世話になってばかりで
どのようにお礼をすればいいのか?する気はないけど
今年の夏頃?0歳になるのですが、
やはり自分の為に生きていくのが一番
だれかの為だなんてもう考えれられない
これからは、後悔しない下のポピーのお花みたいにね
後ろは向かない、前進あるのみだと
開花したお花は私にそう伝える。


Is it father after it marries and very should give a reward
indebting to the master?Living in I still cannot think
any longer though it is not had a mind to do though it
turns ? teen years old in around the summer of this year.
Hereafter, the sleep back tells me the flower that flowered only
when advancing and existing there for so like the flower of Poppe.





歩いて実家に帰る途中で、iPhoneにて撮影
茎が細く柔らかいポピーですが、風に吹かれても
必死に生きようとしています。

植物の生命力ってすごいですよね。
見習わないといけませんね。


It tries to live desperately even if blown to the wind though
it is iPhone and it is Poppe that the taking a picture stalk is
thin and soft on the way by going home to mama walking.

Vitality of the plant is terrible.
It is necessary to learn it.


video






ヨーロピアンフラワーデザイン連盟のカリキュラムからの
先週の生花コースのプリザーブドフラワーです。
今にもアロマの香りがしてきそうですね。
一作品だけ載せていただきました。

今月末、生徒集めの為の広告が出ますので
よろしくお願いしたいと思っております。
では≦(._.)≧


Now since it is a preserved flower in last week's flower course
from the curriculum of the European flower design
league arrangement, the smell of aroma is instigating.
It put it only by one work.

The advertisement for the student collection goes out at
the end of this month and I want to ask suitably.
Then,


From loved ume tyan

      (~_~) Small dream and hope found while strolling

木曜日, 3月 18, 2010

オーバル




週遅れのアレンジメントの作品を公開しま〜す。

下の作品は、プリザーブドフラワー生徒さんの作品
この方は、家庭の都合で今日退会されました。
短い間でしたが本当にありがとうございました<(_ _)>


The work of the arrangement of the delay is opened to
the public during the week.

The work below is preserved flower student's work.
It seceded this on grounds of family necessity.
Thank you really while it is short it.





今年に入って初めて来て下さった方が、
イギリス(ロンドン)に10日間行かれてたそうです。
親戚の方がイギリスにいらっしゃって、
プレゼントに生花のアレンジメントを考えられていたそうで、
もちろん(オアシス)フローラルフォームでですよ!
イギリスでは、(オアシス)フローラルフォームが、
存在しなかったようです。
本当の所はどうなのかしら?


The person who came for the first time this year
It seems to have gone to Britain (London) for ten days.
The relative comes to Britain.
The arrangement of the flower seems to have been thought
by the present, and, of course, the floral form.
The floral form seems not to have existed in Britain.
Isn't there really floral form?





基本のスタイルのオーバルは、講師umeも大変気合いを入れて
ひとりひとりに指導しました、そのせいか!?
完成度の高い作品に仕上げていただきました。


Lecturer ume also must ..oval.. of basic style put the yell
very much and probably because of ..guidance
to each one.. ..that...
It finished it up in a complete work.





正面から見ると楕円形、もしくは卵型に構成されるデザインで
奥行き感も出る作品となっております。


It is a work of which the depth feel goes out to design of
the composition by the oval or the egg type, too, when viewing
it from the front.





春も、真っただ中でもあるので、
マウンテンバイクで、遠出をしたい所ですが、
旦那との休みが合わず行動に出れない今日この頃です。

年をとってからじゃ遅い!!
体を動かして血の巡りを良くしないとそれが、
手頃な美容法だ〜〜a


Also because it is a center in spring
It is nowadays. be not able not suitable of the rest with
Darling though it is a place to which it wants to
make an excursion by the mountain bike and to go out to act

The age takes and is ..peel.. ..,.. slow.
If the body is moved and the round of blood is not improved,
it is a handy beauty regimen.


From loved ume tyan

                 (^-^)/ Oval

月曜日, 3月 08, 2010

バレンタインと四角錐




もうホワイトデーの季節なのに、
遅くなりましたが、バレンタインのアレンジメント作品を、
投稿させていだだきます。


Already though it is a season of the white day
It is a contribution of the arrangement work of
Valentine though slowed.





少女の頃の淡い恋心を連想してしまいそうな
キュートなハート型のバスケットに、
アレンジメントをおこなっていきます。


The arrangement is done to the basket of a cute
heart type that seems to associate
light love when it is a girl.





当然のことチョコレート付き
今頃は、胃袋に入って消化済みの事でしょうか!


With chocolate nature
Do it enter the stomach and have it digested this time?





こちらの作品は、基本のスタイルで
決まり事を、守って頂くと、
すんなりと出来上がる作品なのですが、
数をこなしていくと自然と三角形になる、
デザインなのですよ。


A work here is a work easily completed when the regulations
thing is defended by a basic style.
It is a design that becomes nature and a triangle if the number
is digested.





左の作品は素晴らしく三角形に仕上がっていますね
♡.: *:・パチ☆パチ\\ ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄//+:.'゚
では10日(水)教室でお会いしましょう
楽しみにしております。
では、またね(^o^)v


In the classroom, a left work meets the triangle wonderfully
for ten days Wednesday in the sleep that has finished.
It looks forward.
v then ..moreover (^o^)..





From loved ume tyan

    (*゚o゚)ノ⌒☆ Valentine and quadrangular pyramid

火曜日, 3月 02, 2010

季節とともに歩いて春は、近づく




すばらしい、オリンピックでした。
それと同時に、私は、メダルだけじゃないと思っていたわ。
彼らの努力にこそ、価値があると感じていました。

そんな中、ume tyanは、池を見ながら、
何を考えていたのかしら?


It was the wonderful Olympics.
At the same time, it was thought that I was not only a medal.
It was felt that it was worthy only in their efforts.

About what did in such and ume tyan think while seeing
the pond?





自然と共に歩めば、そこに、季節がわかる。
もちろん、目の前を見れば、冬毛も抜け替わる、
暖かさがある。
すこし、今年は、季節が変わるのが、早いのかな?


The season is understood there if walking with nature.
Of course, the winter pelage molts, too and there is
warmth if the presence is seen.
Is it early that the season changes this year a little?





忍び寄る春には、サクラの足跡。

Footprint of cherry in spring that steals up.





足下にも、気を付けましょう。
レンゲの花は、畑の肥料にもなります。


Take care about one's feet.
The lotus flower becomes the fertilizer of the field.





blogを、見て下さった方、ありがとうございます。
コメントや訪問を、ストップさせた事、
申し訳ございませんでした。

いろいろと、あったんだ。
それども、地球は動いていた。
私のblogには、ろくなことを書いていないですが....
それは、書く気力がない証拠です。

もちろん、まだ、燃え尽きている訳では、
御座いません。
火が着いていないだけなのです。


Thank you for the person who saw blog.
I am sorry for stopping the comment and the visit.

Variously, it was.
Deflecting and the earth moved.
Though it doesn't write satisfactory in my blog.
It is evidence that doesn't have the written energy.

Of course, translation that has still burnt out.
The fire has not only arrived.

From loved ume tyan

   m(_ _)m It approaches walking at the season in spring.