月曜日, 5月 31, 2010

ブリーゼを探すには、何を目標にすべきか




皆さんお元気ですか?
私は、念願だった大阪梅田のブリーゼブリーゼに、行ってきました。
前もって道順をチェックしていたのですが、
遠回りしてしまい思わず時間のロス

いつもの、だだっこに、人間トラフグ この子ったら〜


How is you?
..BREEZE BREEZE of Osaka Umeda who was the wish.. I'm home. I
Time is lost ..roundabout.. instinctively though the route beforehand was checked.

Usual man globefish child





この後ろ姿はだれでしょう?トラフグ
iPhoneで場所をチェック、
ブリちゃんと言うキャラクターに合いたくて
必死にお調べ中なのだ、邪魔はさせないぞ〜


Who is this back figure?The obstruct does want be suitable for the check and the BREE character neatly said of you, desperately searching for the place with Japanese pufferfish iPhone by you, and not do?





言いつつ、どうやら到着 やった〜
初めましてブリちゃん、umekotyanですよ!
TVで、見ていましたが、実際こんなに巨大とは思ってもいなかった。
淡路島から大阪へは長い旅路でした。

昔むかし大昔、大阪に住んでいた頃、
明石大橋もなく志筑〜天保山まで客船で揺られながら、
船で行き来していたような、思い起こすといろいろ発達し、
消えて生まれる、文明の利器達


Apparently, did you arrive saying?
Nice to meet you BREE, I am umekotyan.
It was not actually thought it was huge so much though it saw with TV.
It was an expedition road from Awajishima to Osaka.

When living in Osaka at the great antiquity of old times of old times
Facilities of civilization who are born though do passenger boat from Siduki to Tenpozan and ..swinging.. . develop variously when it is recalled to have come and performed with the ship, and disappear there is no Akashi Ohashi





吸い込まれそうですが、
下から上から皆さんご覧下さい。
長い旅路の果て、もちろん戦利品もGETしましたよぉ!
お品は、後日ご紹介といたしま〜す。


Though it seems to be inhaled
Please see that everyone doesn't do on from the under.
..outskirts of the expedition road.. of course, booty got, too.
Are goods the introductions and later stripes that are?It does.





景気の影響でしょうか?
歩いている人、買い物をする人
ビジネスマン、昼・夜のとばりとともに、活気がなく、
初夏だというのに寒々しく、夢のはかなさ、
ここに極め贅沢三昧の雰囲気は、めっちゃやたらでした。

淡路島という田舎に住んでいると、
社会経済情勢は、直接肌に触れる事はない。

淡路島は、日本の縮図、豊かな自然環境と、すばらしい人がいる。
考えるなぁ、社会を初めからやりなおせばいいのだ、ただ、それだけの事である。

6月2日お花の教室 ume foundationは、
基本のスタイルホリゾンタルクレッシェンドです。


Is it an influence of business?
Walking person and person who shops
Both are wooden, and are desolate ..the shade at businessman and daytime and night.. in spite of the early summer, and the dream is Japanese syllabary, and the atmosphere of lavishness of studying thoroughly is confused here.

Socioeconomic circumstances do not have the direct touch to the skin when living in the country of Awajishima.

In Awajishima, there are a reduced drawing of Japan, rich natural environment, and a wonderful person.
If the society is done again at the time of beginning, the thing only of goodness. do not think

Classroom ume foundation of the flower is a basic style horizontal crescendo on June 2.


From loved ume tyan                

         ┏◎-◎┓ At what should I aim to look for BREEZE?

金曜日, 5月 21, 2010

Twitterと時間の感覚を修正




暑くなってきました、そして、緑の季節。
私は、SUBARU R2に乗って、空を飛びながら、
花から花へと、飛び回ります。

この素晴らしき季節、外の世界に触れて生きていこう。
私には、ミツバチのメッセージが聴こえてきます。


Green season. become hot it
I fly about from the flower to the flower while flying over the sky getting on SUBARU R2.

Let's live touching the world on the outside at this wonderful season.
For me, it is bee's message.





Twitterをはじめて、いろんな勉強ができたわ。
時間は、ものすごく速く動いている。
そして、もっと、早く動かそうとしている人がいる。

短い言葉の流れは、
光速の時間を超え、多くの人の間で、価値観、解釈、誤解、
自分の利益によって、動いていく。

私は、悠然と立ち止まり、一部始終を、目撃する。


Various studies were good for the first time at Twitter.
Time moves terribly fast.
And, there is a person who tries to move it early more.

The flow of a short word
It moves by sense of values, interpretation, misunderstanding, and my profit about many among the people exceeding the time of speed of light.

I halt calmly, and witness a full detail.





青い空は、全てに、平等です。

The blue sky is equal all.





木の下を歩いてみれば、その薫りは、心を癒してくれる。
ゆっくりと、歩みを止めれば、木と等しき感覚を持って。
私は、急いではいけません。
急いでは、時間を支配する事ができません。
時間は、私のものよ。


The smell heals the mind if walking under the tree.
Slowly, it has an equal sense to the tree if it stops walking.
..I must not hurry up...
Time cannot be ruled by hasty.
Mine at time.





池から、巨大な何かが、上がって来た。
残念ながら、少し気付いて写真を撮るのが遅かったわ。

すてきな、週末
またしても、忙しい日々は、続いております。
みなさま、私に変わって、楽しんでね。


Something huge went up from the pond.
To our regret, it was slow to notice a little and to take the photograph.
Wonderful weekend
It continues busy every day again.
I am enjoyed because it changes into everybody and me.


From loved ume tyan                
           (*_*) Correction of gap of sense at Twitter and time

土曜日, 5月 15, 2010

Twitterと、Blogを繋ぐ何か!




天気を、私が支配すれば、きっと、違う天気にするわ。
私は、寒さと暑さの間で、体調不良と、
なれども、耐えなければ、ならないのでした。

アレンジメントを終わって、ランチに行きました。
2時を過ぎると、ランチの店は、少なくなる。
経験から考えるとき、そこには、決まった道があるのでした。


If I rule the weather, it surely makes it to the different weather.
Because I did not become bad health between the cold and the heat if I did not endure, it did.

The arrangement was ended, and it went to lunch.
The number of shops of the lunch decreases when two o'clock is passed.
It did because there was a fixed path there when thinking from the experience.





外は、天気であり、紫外線も強力です。

The outside is the weather, and ultraviolet rays is also strong.





パセリを、芸術的に美しく感じる時、
私は、食べるのが惜しくなります。
そうして、食べるものが無くなってしまうのでした。


My eating when parsley is felt artistic beautiful becomes regrettable.
And, because the eaten one disappeared, it did.





冗談は、さておき。
ハンバーグは、おいしかったです。

ちょっと、Twitterをはじめました。
Blogより身近に、そして、iPhoneの気楽さは、
iMac G5が時間とともに、遅くなって来た事は悲しく、
アプリケーションを立ち上げるたびに思うのです。

技術は、常に新しい発見を私に与えてくれるでしょう。
そして、あなたと、私を、より深く結びつける。
たまに、メッセージをくれると嬉しいな。


Well, the joke is put.
The hamburger steak was delicious.

Twitter was started for a moment.
It is more familiar than Blog, and whenever the application is sadly started up, iMac G5 thinks of the slowing thing comfortably of iPhone at time.

The technology will always give me a new discovery.
And, you and I tie more deeply.
Occasionally, be glad when it gives the message.



From loved ume tyan                
               (^-^)/ What is that ties to Blog Twitter?

日曜日, 5月 09, 2010

5月の風は、鯉とともに揺れて




みなさま、お待たせいたしました。
ただいまより、ume tyanが、5月の足音を開演いたします。
なんですって、待っていなかったですって!

まあ、そんな事も、あっていいと思うわ。

ゴールデンウィークは、明石海峡大橋も、
長蛇の列となって、淡路島でも渋滞でした。

だけど、自然は正直に、
サツキの花は、今年も咲きました。


I'm sorry to have kept you waiting ..everybody...
Ume tyan will start the footstep in May just now.
Print why, not waiting, and print
Oh dear, I think that there may be also such a thing by you.

In Golden Week, Akashi Kaikyo Bridge became a long line,
too and Awajishima was congestion.

However, nature honestly :.
Satsuki's flower bloomed this year.





私は、ume tyanと一緒で、窓から、外ばかり見ているわ。
忙し過ぎて外出も出来なかった。


I am always looking at the outside from the window
thoroughly with ume tyan.
It was not possible to go out because it was too busy.





サツキの風は揺れて、鯉の吹き流しを、親子揃って、
仲好き事かな。

昔の家族を考えてみれば、おじいさんや、おばあさん、
両親と私達、子供がいて、
たまに、親戚の人がやって来ていたわ。
まさに、大家族って感じでした。

日本の高度成長時代、大家族は分裂し、
両親と子供世帯へと変わっていった。
その頃からかしら、日本の伝統が失われていったのは!
(あまりにも長くなりそうなので文章中略)

昔に還りたい、私は、思うのでした。
5月5日のこどもの日、ふと、そんな事を考えてしまった。


It shakes, and as for carp's blowing sink, is Satsuki's wind
a parent and child, and a relations lover thing?

There were a grandfather, a grandmother, parents, we,
and children if an old family was regarded,
and relative's person was coming occasionally.
Exactly, the large family was feeling.

The large family was divided, and changed into parents and
the child home at the era of high growth in Japan.
Oaks and the traditions of Japan having been lost since
those days.
(Omit it sentences because it seems to become too long. )

Because I who wanted to return in old times thought,
it did.
It has suddenly thought about such a thing at Children's Day,
May 5.


From loved ume tyan            
    
  ♪〜( ̄。 ̄) The wind in May shakes with the carp.