日曜日, 6月 13, 2010

大阪から中之島まで、ぷらっと歩いて歴史散策でも




暑さとともに、アジサイの色を、楽しみながら、
余り好きでない梅雨の季節がやって来ました。

大阪へと舞台を廻し、私は、川を楽しむ事にしたのです。
場所は、中之島、かって、川の都、ヴェネツィアと並び評された街、大阪の一角。


The season of a rainy season so not favorite though it enjoyed the color of the hydrangea with the heat came.

The loincloth and I made Osaka and the stage the enjoyment of the river.
Capital and Venezia in Nakanoshima, selfishness, and the river, and the place is criticized town, and corners of Osaka queue up.





大阪の歴史、それは、商人の街としての、誇りをもち、世の権力と互角に戦った街。
多くの個人が、街に建物を寄贈し、その景観は、現在に生きている。


The history and that of Osaka are towns against which it has the boast as merchant's town, and it fought evenly to the power of the world.
A lot of individuals donate the building to the town, and the spectacle is alive now.





中之島公会堂は、建物の外見は変えず、構造を耐震設計にし、強度を増す事によって、更に次世代へと続ける、近代設計との融合を見せてくれた、素晴らしい建物です。
淡路島の建物は、破壊されるにまかされた、寂しい建物が多い中、私は、大阪の街に歴史と時代を残そうとする人々がいる事が、うれしい。
ああ、私も、中之島で働きたいな!
そんな事を、考えながら、これから先も...

経済最優先の効率を考え大阪の街を捨てた企業への哀れみは、いずれ自身へ戻って行く事が、淡路島との共通の課題を思いつつ。
自転車通勤をする会社員が、中国の自転車通勤と重なって見えた不思議な幻を、私は確かに感じたのだ。


It is a wonderful building where the Nakanoshima public hall doesn't change the face in the building, the structure is made a seismic design, it continues to the next generation in addition by increasing strength, and uniting with a modern design was shown.
They were made to reel it to destruction as for the building of Awajishima, and the inside and I that a lonely building is a lot of are glad of the thing where people who try to have the history and the age left in the town in Osaka exist.
Ah I want also to work at Nakanoshima.
It also : from now on while thinking about such a thing.

The pity to the enterprise that throws away the town in idea Osaka : top priority economy efficiency as the thing that returns to oneself thinks of a common problem with Awajishima sooner or later.
The company employee who commuted the bicycle felt and I felt the bicycle commute of China and the mysterious phantom seen coming in succession certainly.





難しい事を、考え過ぎては、私の時間を楽しむ事が、出来ないのではないかしら!
そして、正しい歴史が知りたくば、Googleで調べればよく、どうでもいい事なの。
歴史の教科書では、書かれていない事が、本当の歴史であり、真実であり、伝記です。

大正時代のランチを復刻した、メニューを見た瞬間、私は、思わず注文しようかなと感じました。
残念ながら本日の私にとっての昼食は、2回目と相成りますので、そこには、躊躇と、常識が勝ってしまったよ。
という事で、カフェタイムだね。
レトロな空間の、カフェは、私の1000年の記憶の中に残るでしょう。


Can it able to enjoy my time when thinking about a difficult thing too much or.
And, if it wants to know a correct history, it only has to examine with Google, and a trivial thing.
In the history textbook, the thing not written is a true history, it is true, and a biography.

The lunch of Taisho Period was reprinted, and I felt that ordered instinctively momentarily by reading the menu.
Because lunch for me of today becomes the second times to our regret, the hesitation and common sense have won there.
It is a thing, and cafe time.
The cafe of the retro space will remain in my memory of 1000 year.





呑んべいではないのですが、利き酒の体験をし
二日酔いで頭が痛いなう。

講座の目的と結果が違う事は、良くある事よん。
まあ、なんて文章が多い、blogでしょう。
読むのが嫌になるでしょうが、それが、頭の栄養というものなの。


The tasting sake is experienced and it has got a headache from being hung over though it is not a drinker.

The thing with different purpose and result of the course is good and certain things.
Oh dear, sentences might be a lot of very blog that is.
It is nourishment of the head though reading will become disgusted.

From loved ume tyan                
    v(^^*) It ambles from Osaka to Nakanoshima
         and even the history stroll

2 件のコメント:

リンゴ さんのコメント...

じめじめしてますね~
雨も多い気がします。

大阪、中之島。私は出身は大阪なのですが
実はこのあたり、全然行ったことが
ありません。
レトロな雰囲気もあるのですね。
デザート、おいしそうです。

いろいろお出かけですね。
私は三田市のしょうぶ園に行きましたが
開花が遅れていて5分咲きでした。

umekotyan さんのコメント...

こんばんわ、りんごさん
大阪も、いろんな場所がある事を、
この旅の講習で知る事が出来ました。
実際は、ふろしきの使い方を、教わりに行っていましたが、教えてくれたのが、清酒のメーカーでした。
いろんな結び方や、包み方はフラワーアレンジメントや、生活に使えるなと思って応募したら、行ける事になったのはよかったです。

いろんな伝統のある場所を旅してみたい、
そして、知らない歴史を知りたい。
いろいろとしたいことが、たっぷりとあります。
ちょっと贅沢な悩み。

しょうぶの季節、今年は、まだ見ていないので、
わたしも、見に行きたいな。
季節は、早く、花の見頃が、急がなきゃね(^o^)v