日曜日, 2月 27, 2011

余暇の理念を、淡路夢舞台に求めて




淡路夢舞台では、ラン展が、行なわれていました。
私は、日常生活を忘れたい。
それは、余暇の始まりであり、目的である。


The orchis exhibition was done in a dream stage in Awaji.
I want to forget daily life.
It is a start at leisure, and a purpose.





犬は、花瓶の上に乗り、私は、犬の真似をする事が、出来ません。

The dog gets on on the vase. I cannot mimic the dog.





ビュッフェは、どこのホテルに行こうと、代わり映えしない。
何故か、私は、哲学者のような、答えをするでしょう。
そこには、非日常を味わいたい、余暇の理念が横たわっているでしょう。


The buffet is taken the place even if going to the hotel where and doesn't shine.
I will answer like the philosopher why.
The idea at leisure that wants to taste non-daily life might lie there.





植物館では、不思議な感覚を覚える事が、常にあります。
同じ植物でも、様々な、変容が見られるでしょう。
環境に適応する事で、変わって行くものなのです。
どうして変わって行くのかは、諸説ありますが、
未来の歴史分析と、生物学者に任せましょう。


In the plant pavilion, there is always remembering a mysterious sense.
As for the same plant, a variety of transformations will be seen.
It is the one that changes in the thing that adjusts to the environment.
Let's leave it to the history analysis and the biologist in the future though there are various opinions though not known why to it changes.





私が、楽しみたいのは、自然と共に有る事。
そして、多くの時間と、
ストレスを感じない早いコンピュータが、欲しいのよ。

そうすれば....


My wanting to enjoy is a thing that is with nature.
And, at a lot of time
I want an early computer that doesn't feel pressured.

If you do so.....The age changes.


From loved ume tyan                
          (^o^)v  The idea at leisure is requested from
               a dream stage in Awaji.

土曜日, 2月 12, 2011

2月の風と私




2月も、早いわね
多くの出来事に、私は、踊らされ、
素晴らしく美しい毎日を、忘れていたわ。

葉牡丹は、私を見ながら、笑ってた。
もっと、大きな気持ちで、行きなさいと...


It is early also in February.
In a lot of events, I was made to dance, and wonderful,
beautiful every day had been forgotten.

It laughed at the flower cabbage while seeing me.
To go in big feelings more.





マーガレットと共に、私にも時間が、必要さ。

Time is necessary also for me with the marguerite.





海を見つめ、そこには、何があるのと問いかける!
私自身が、存在する。
きっと、見える風景は、一緒でも、気持ちによって、変わってくるのです。


The sea is watched, and it is asked that it is there what.
I exist.
Surely, the seen scenery changes by feelings even if it is the same.





テトラポットは、波とともに、じゃれ合っていた。
海は、世界を知っている。
ちょっと、ポエムな午後のひととき。


The tetra jar played with the wave each other.
As for the sea, it knows the world.
As for the poem, it is time of the afternoon for a moment.


From loved ume tyan                
             (*^-^) Wind and I in February